« 暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス | トップページ | 幹事のアッコちゃん »

アンダーグラウンド・マーケット

藤井太洋著『アンダーグラウンド・マーケット』読了
オービタル・クラウドにつづいて著者の本を読んだ。
オービタル・クラウドがかなりハードなSFだったので、非常に論理的な小説を書く人だなと思ったが、この本もそうだ。IT知識もしっかりしていて、Web開発周りのことは一通り理解していると思われる。また、今回の小説では仮想通貨周りのことも出てくる。そのあたりもしっかり書けている。そういった仕事もされた経験があるのだろうか。
この小説はちょっと先の世界を舞台にしていて、通常の通貨とともに仮想通貨が広く流通しており、それが裏の社会を構築している。表の社会では税金として消費税を取られるが、仮想通貨を流通させる取引では消費税を払わないので、みんなが仮想通貨側にいってしまう。本当にこんな社会になってしまうかもしれない。ほんといったら借金を返せるかどうかわからないくらいの借金を政府がしているとか、いまじゃあその借金を日本銀行が買い取ると言ったわけのわからない政策をやっていて、ひたすらお金をばらまいているのだけど、本当にそれで保つのとか心配になってしまう。でも、そうやっても思い通りにならないって政府の政策も失敗なんじゃないのって思ってしまう。
借金を後の世代に回しちゃだめでしょ。

まあ、そこまで重い話ではなく、仮想通貨とその取引を把握しようとした組織との攻防なんかが語られて、非常に面白かった。技術をしっかり捉えているので、IT技術者が読むと頷いてしまうくらいよくかけていると思う。登場人物も非常にうまくかけているし、技術者の一人が女性というのもいい。チームで対応するというのもいい。読んでいて心地よかったし、スイスイ読めた。良い参考書だな。

アンダーグラウンド・マーケット
アンダーグラウンド・マーケット藤井太洋

朝日新聞出版 2015-03-20
売り上げランキング : 367568

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ビッグデータ・コネクト (文春文庫) Gene Mapper -full build- (ハヤカワ文庫JA) オービタル・クラウド 彼女がエスパーだったころ マイナス・ゼロ (集英社文庫) エクソダス症候群 (創元日本SF叢書) スペース金融道 火星年代記 (ハヤカワ文庫SF) 紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) ストーカー (ハヤカワ文庫 SF 504)

|

« 暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス | トップページ | 幹事のアッコちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/64288927

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーグラウンド・マーケット:

« 暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス | トップページ | 幹事のアッコちゃん »