« その可能性はすでに考えた | トップページ | モップの精は旅に出る »

日本会議 戦前回帰への情念

山崎 雅弘著『日本会議 戦前回帰への情念』読了
たまたま行った図書館で平置きしてあったので手にとった。
よく週刊誌の広告の題名では見かけていた”日本会議”という組織が何を目指しているかが書かれている。
片側からの意見なので、すべてを信じるというわけにも行かないが、まああたっているのだろう。戦前回帰とは困ったものだ。改憲論者からすると今の憲法はGHQから押し付けられたもので、日本人を極度に貶めるためのものだという主張をされているが、戦後70年、この憲法で日本は発展を遂げ、戦争を起こさない平和な70年を過ごしてきたわけなんだけど、それを全否定するのだろうか。いいか悪いかと言ったら、与えられた者の中でやっていくしかないので、どんな憲法でも従わなければならない。その中でうまくやっていくしかない。それでも、ダメなところがあるのなら、変えていけばいい。そのためには議論が必要。どこがいけないのか、どう変えるのか、それによってどう良くなるのか。そういった議論ができるのか。
自衛隊は戦力なのかとか、疑問はいっぱいある。憲法を守ってきたはずが、解釈によって捻じ曲げられることは残念だ。解釈で変えてしまうのなら、それでもいい。別の解釈だってできることになる。やっぱり、ちゃんとしないといけないところはちゃんとしなけりゃね。そして、悪法も法。守らねばいけないものは守らねば。
まともな議論ができずに、数の論理で変えてしまうのは、まさに戦前のやり方ではないだろうか。ちゃんと後世の人たちに恥じないことをやらねば。あそこで間違ったから、こうなったという歴史に書かれる首相になりたいのだろうか。
ちゃんとしなけりゃね。

日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)
日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)山崎 雅弘

集英社 2016-07-15
売り上げランキング : 741

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日本会議の正体 (平凡社新書) 日本会議の研究 (扶桑社新書) 日本会議の全貌  知られざる巨大組織の実態 日本会議とは何か: 「憲法改正」に突き進むカルト集団 (合同ブックレット) 5つの戦争から読みとく日本近現代史――日本人として知っておきたい100年の歩み 大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争 (幻冬舎新書) 戦前回帰 あたらしい憲法草案のはなし 偽りの保守・安倍晋三の正体 (講談社+α新書) 「憲法改正」の真実 (集英社新書)

|

« その可能性はすでに考えた | トップページ | モップの精は旅に出る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/64147247

この記事へのトラックバック一覧です: 日本会議 戦前回帰への情念:

« その可能性はすでに考えた | トップページ | モップの精は旅に出る »