« 闇に香る嘘 | トップページ | ハーメルンの誘拐魔 »

検事の本懐

柚月 裕子著『検事の本懐』読了
左方検事シリーズ。
前作はすでに検事をやめて弁護士となっていたが、その主人公が検事となった頃を短編集として語る。
合わせて、父親で弁護士だったが業務上横領の罪に問われて、結局は獄中でなくなった経緯なども語られる。その他、さらに高校生だった際のエピソードも。
それぞれが非常に面白い。この検事さんだったら、巨悪も捕まえて罰してくれるんじゃないかと思ってしまう。人物の描き方が素晴らしいので、物語にどっぷり入ってしまうことができる。いいねぇ、このシリーズ。
まだまだ続けることが出来そうなので、続けてほしいなあ。どこかで検事を辞めるエピソードも描かれるのだと思うけど、それも楽しみ。

検事の本懐
検事の本懐柚月 裕子

宝島社 2011-11-10
売り上げランキング : 287678

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
検事の死命 (「このミス」大賞シリーズ) 臨床真理 (このミス大賞受賞作) 蟻の菜園 ―アントガーデン― (『このミス』大賞シリーズ) 孤狼の血 朽ちないサクラ

|

« 闇に香る嘘 | トップページ | ハーメルンの誘拐魔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/63930825

この記事へのトラックバック一覧です: 検事の本懐:

« 闇に香る嘘 | トップページ | ハーメルンの誘拐魔 »