« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

福島第一原発 メルトダウンまでの50年

烏賀陽弘道著『福島第一原発 メルトダウンまでの50年』読了
たまたま見ていたら見つけたので、借りて読んだ。
前半はECCSがなぜ起動しなかったかを追いかけている。これについては実際のところはどうなんだろう。福島第一原発の事故の評価で、なぜそのような対応になったかはいろいろな事故調査が行われている。その中で、ECCSが動いたのか動かなかったのか、それはなぜかについていろいろな事故調査委員会では取り上げていないと言われているがそうなのか。
この辺りの調査報告をいくつか読んだが、一番分かりやすかったのは大前研一氏の書いた調査報告だった。あのとき、何が起きてその対処に何を行って、何が出来て何が出来なかったのかを、事故となった1号機、2号機、3号機と事故にはならなかった福島第二原発や女川原発との違いも含めて解説している。いかにも原発に関係した仕事をしてきた大前氏の見識がでていると思った。
過去を振り返って、あれができていなかったのがいけないと原因を求めるのは必要なことだろう。しかし、出来なかったことには何か理由があるのだろう。例えば、ベントがなかなか出来なかったのも、現場でそういったことをやっていなかったことに尽きるのではないか。人間がやることだから、初めてやることには時間がかかる。ちゃんと確認してやるから当然だ。それを何回もこなせば早くやることができる。だから訓練が大事。スポーツなんかとおんなじだ。練習でやってもいないことなんか本番でできるはずがない。だから時間をかけて練習をするのだ。運用とか運転とはそういうものだから、想定して訓練しておかなければ意味が無い。
もう一つは、経験だ。経験は机上で学習できるものではない。だから訓練するのだ。また、経験は学習できないが、想像することはできる。過去に起こった事象から想像することはできる。その中で新たな知見に基づいて対応を考えることが大事だ。今回の事故から学ばなければいけない。同じことを起こさないためには何をすればいいかはとことん考えて、少なくとも同じことが起きた時に最悪の事にならないような対処はしなければいけない。それが今回経験したことから得られる貴重な知識を活かすすべである。
こういったことがちゃんと出来なければいけない。それが今を生きる日本人に課せられた大きな宿題である。

福島第一原発 メルトダウンまでの50年――事故調査委員会も報道も素通りした未解明問題
福島第一原発 メルトダウンまでの50年――事故調査委員会も報道も素通りした未解明問題烏賀陽弘道

明石書店 2016-03-08
売り上げランキング : 19504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
原発プロパガンダ (岩波新書) 原発棄民  フクシマ5年後の真実 規制の虜 グループシンクが日本を滅ぼす 戦後政治を終わらせる―永続敗戦の、その先へ (NHK出版新書 485) 市民が明らかにした福島原発事故の真実: 東電と国は何を隠ぺいしたか (彩流社ブックレット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勁草

黒川 博行著『勁草』読了
今回はオレオレ詐欺の犯人グループとそれを追いかける刑事たちのお話。
相変わらず、展開が早くてスムーズ。読んでいて軽快。
オレオレ詐欺の手口については、よく調べている。臨場感のある犯人グループの動きは面白かった。相手をいかに騙すかというところでの駆け引きはすごい。犯人もそう簡単には捕まりたくないから、いろいろ防護している。その辺りはうまく書いている。
途中、犯人グループの元締めみたいな人をひょんなことから殺して埋めてしまうところからがらがらと悪い方に展開していく。金に目が眩むとこういうことになるのか。しかし、現金以外を現金化するのはなかなか大変だということがよく分かる。銀行など、本人確認が徹底しているし、ATMなんかは高額の引き出しは簡単には出来ない。暗証番号も簡単には教えてくれないし、ハンコの変更も本人でないとできない。なかなか大変だ。
こういう犯罪を臨場感よく書いている小説は小気味よい。結局犯人は奈落の底に落ちていくのだが、やってはいけないレベルを越えてしまうと、落ちるところまで落ちてしまうのだな。フィクションとはいえ、こんな感じで転落していくんだろう。
非常に面白かった。

勁草 (文芸書)
勁草 (文芸書)黒川 博行

徳間書店 2015-06-09
売り上げランキング : 31247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
繚乱 (角川文庫) ([く]5-1)麻雀放蕩記 (ポプラ文庫) 離れ折紙 (文春文庫) 極悪専用 後妻業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塔の断章

乾 くるみ著『塔の断章』読了
もともとノベルズだったものをおしまいに著者がこの小説の解説をあえて書いたものを追加して文庫にした。
この解説まで読まないとしろうとはわからない。著者によれば、ほとんどすべての人がこの元の小説に書き込んだいろいろな伏線と意図をわからなかったらしい。私も当然わからなかった。
冒頭に塔の上で男女が揉めて、女が突き落とされる場面で開始する。そこからあとは断章がづっと続く。時系列もばらばらだし、途中はるか昔の場面も出てくる。メインは突き落とされた女性が妊娠していたので、その父親を探すということに収束していくと思われるのだが、実は冒頭の場面は小説の始まりではなかった。うーん、叙述ミステリーの形を取っているのだと、解説を読んでやっと理解できた。
断章が順番ばらばらに出てくるので、なかなか読みづらいのだけど、そこを乗り越えて最後までたどり着くと(そして解説まで読めば)そういうことだったのかと納得できる(かもしれない)。
いかにも著者がひねって練ったネタで小説を書いたのだが、著者の意図までわかった読者は少なかったのだろう。そういう意味では解説をつけたのは良かった。

塔の断章 (講談社文庫)
塔の断章 (講談社文庫)乾 くるみ

講談社 2003-02
売り上げランキング : 765994

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私にふさわしいホテル

柚木 麻子著『私にふさわしいホテル』読了
小説家志望の女性を主人公として書かれた表題作の後、それに付随した短編を書いて連作短編集とした小説。
懸賞小説の大賞に選ばれるも、作家デビューがなかなか出来ず、作家となるために、別の出版社で別のペンネームで小説を書く主人公。その生活の中で、大御所の作家の缶詰となっているホテルに行って、書物の妨害をして雑誌の連載に穴を開けるとか、いろいろなことをやる。これが小説家なんだろうなって思わせてくれる。そんなにひどいのかな。
まあ、小説家に自分の仕事の周りを面白おかしく書いてもらっているので、本当でも本当でなくても面白ければそれでいい。小説家もそんなに儲からないんだろうね。設けることも大事だけど、書くことが本当に好きでなければ物書きなんてならないんだろう。

私にふさわしいホテル
私にふさわしいホテル柚木 麻子

扶桑社 2012-10-26
売り上げランキング : 426241

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は誰になっていくの?―アルツハイマー病者からみた世界

クリスティーン ボーデン著『私は誰になっていくの?―アルツハイマー病者からみた世界』読了
若年性アルツハイマー患者の書いたノンフィクション。
著者はオーストラリアのお役人で結構上級の役人だった人らしい。仕事も忙しければ、夫の暴力にも悩まされて、偏頭痛持ちだった。検診で異常が見つかり、脳の検査をしたところ、若年性アルツハイマーだとわかる。40歳代だったと。
この本を書いた頃はまだ正常だったのだろう。ただ、物忘れはひどかったらしく、5分前に娘に言ったことを忘れるなんてことはしょっちゅうあったらしい。
その後、10年後にも本を書いているので、それなりに安定していたのかもしれない。アルツハイマーとなってからの平均余命は10年程度とも言われているので、本を書けたくらい正常なときもあったというからすごい。

かみさんのおじさんがアルツハイマーでなかなか大変らしい。一人暮らしをしているが、世話をされるのがいやらしく、介護を拒否する割にはちゃんと生活出来ているわけでもない。お風呂にはいるのも忘れるとか、めんどくさくなるのか。こういう病気なのだと理解しなければいけないが、正常なときも多いので、対応も難しい。
これからはアルツハイマーになる人も多いと思われるので、よく理解して対応していかないとね。

私は誰になっていくの?―アルツハイマー病者からみた世界
私は誰になっていくの?―アルツハイマー病者からみた世界クリスティーン ボーデン

クリエイツかもがわ 2003-10
売り上げランキング : 126891

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身代わり島

石持 浅海著『身代わり島』読了
あるアニメ映画の同好者たちが集まり、舞台となっていると思われるとある島に行き、この島でアニメ映画にちなんだイベントを企画する。その島の旅館の娘がなんとアニメ映画の主人公そっくり。
そして、仲間の一人が殺される。犯人は誰か。少女を狙う変質者なのか。
意外な犯人が・・・

物語と同時にアニメ映画のあら筋が語られていくのだが、いかにもその映画が実際にあるような感覚に陥る。そのくらい物語がしっかりしているのだ。平行して語られる形が、いかにもうまい。そして主人公たちの人間関係も面白い。探偵役の若者と主人公のアニメ好きの女性との淡い関係はこの後どうなるのか。なかなかおもしろい。

身代わり島 (朝日文庫)
身代わり島 (朝日文庫)石持 浅海

朝日新聞出版 2014-12-05
売り上げランキング : 444440

Amazonで詳しく見る

書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »