« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

ラストフロンティア

楡 周平著『ラストフロンティア』読了
今回はお台場にできるカジノのお話。もちろんフィクションだ。
国会では何回かカジノ法案が提出されているが、賛成の議員も多いが今のところ反対の議員のほうが多いので、なかなか成立しない。それも時間の問題かもしれない。
日本にできるカジノだから、日本特有のカジノのゲームを導入しようということで、丁半をやることに。まさにヤクザの賭場を再現する。さすがに映画ぐらいでしか見たことないが、日本人でもルールを知らないだろう。たしかに、ヤクザのゲームという印象が強いから、もし、日本でカジノが許可されても、丁半はやらしてもらえないだろう。
そのことよりも、ギャンブルの還元率の話のほうがおもしろい。日本の公営ギャンブルは運営側が取り過ぎだと。宝くじなんか半分以上持って行ってしまう。パチンコのほうが還元率がいいくらいだ。パチンコはギャンブルではないことになっているらしいが。いかにも日本的なオモテウラの考え方でパチンコは許可されている。最近は警察庁が本格的な取り締まりをやるのではないかということで話題になっているようなことをネットで見たが、そもそもパチンコは警察と非常に近い関係があるのだが、自分の首を絞める事を警察は本当にやるのかな。

海外ではカジノは許可制となっているので、自分もラスベガス、シンガポール、チェジュ島でカジノに行ったことがある。でも、なかなかルールが理解できないので、ポーカーやブラックジャック、ルーレット、バカラなんかはとても出来ない。なので、いつもスロットだけやってきた。でも、次はルーレットくらいはやってみたい気がする。賭けるのは普通にできるけど、ディーラーにチップをやるのがわからないんだよね。そんなところまでのルールがわからないと楽しめないよね。まあ、じっくりやるだけの時間があれば、覚えるだろうし、そうするとまた行きたくなっちゃうし。それはそれで困っちゃうかもしれない。いつのことやら。心配しても仕方がない。

ラストフロンティア
ラストフロンティア楡 周平

新潮社 2016-02-22
売り上げランキング : 38906

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巧妙な詐欺メール

最近の詐欺メールはあまりにも巧妙で、すっかり騙されるところだった。
以下が私のところに来た詐欺メール。
これがまた、普通にクリックしてしまうレベルの巧妙さ。
ドメインとかは間違っていないように見えるもんね。
自分がおかしいなと気がついたのは、このメールの発信日時2月26日で、今日は4月23日。
そりゃなんかおかしいと思うでしょ。おかしいのはそれだけかな。

皆さん注意しましょうね。
ーーーーーーここから
ゆうちょ銀行

このメールは登録パスワードを変更された方へのメールです。

===============================================
確認のためにメールを送信しています。
お客さまご自身で変更した場合は、このメールを無視しても問題ありません。

お客さまご自身で変更していない場合は盗用の可能性がございます。
至急以下のURLをクリックしてください。
(PC?スマートフォンからご利用ください。)
https://www.jp-bank.japanpost.jp//idinforeset/changelink.nhn?prm=R2f4thQReL91Td_CUaqNb7bismXy3rNoEqVinBRmwJ-QHg6pn9FIz4OPR0jimL_WecGS--F9n5sQAKY6yS_bs8fbsGa5gzWNZzIsh-UnRv8


※このメールアドレスに返信頂きましても、ご返答はできませんので、
お問い合わせはヘルプのサポートフォームよりお願い申し上げます。
URL : https://yucho-moneyguide.jp/otoku/toshin-cp2016/
 今後ゆうちょ銀行もをよろしくお願いいたします。
---------------------------------------------------------------
 ゆうちょ銀行について
URL : https://www.jp-bank.japanpost.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jリーグサッカーキング 2016年 06 月号

私はジュビロ磐田の熱烈サポーターなのですが、早速買いました。この雑誌。
いやー、J1に戻ってきたというのが実感できる。
こういった雑誌とかの取り上げ方がJ1とJ2では雲泥の差なんだよね。J2行っている間は、いい試合やったってマスコミは取り上げてくれないし、なんか変なことがあった時だけ取り上げられるし。
まあ、話題のレベルで言ったら、J2からJ1に上がれないちょっと有名なチームなんてのが面白いしね。自虐ネタはこのくらいで。
ジュビロ磐田サポーターなら、買わないといけないでしょ。これ。

J LEAGUE SOCCER KING(Jリーグサッカーキング) 2016年 06 月号 [雑誌]
J LEAGUE SOCCER KING(Jリーグサッカーキング) 2016年 06 月号 [雑誌]
朝日新聞出版 2016-04-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
月刊J2マガジン 2016年 01 月号 [雑誌] サッカーマガジンZONE 2016年 06 月号 [雑誌] GIANT KILLING(40): モーニング サッカーai 2016年 04 月号 [雑誌] 2016J1&J2&J3選手名鑑 (NSK MOOK)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク

喜多 喜久著『真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク』読了
大学のミステリーサークルが夏の合宿を開くこととなり、主人公の実家の田舎に行く。そこで不思議な少女に出会い、合わせてサークルの面々がミステリー的な事象を解いていく。最後に少女の正体がわかり・・・
なかなかおもしろう状況設定と、夏の合宿の間のお話であるため展開が早く面白かった。
何時の世でも大学のミステリーサークルは非常の多彩なことをまじめにやっているのかな。
そういえば高校の同級生がその後UFO研究家としてTVにでていたっけ。彼は今どうしているのかな。文化系の博士号を取ったような経歴も書いていたな。高校生の時から怪しい人間だったけど、面白かった。どうしているんだろう。

真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク (集英社文庫)
真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク (集英社文庫)喜多 喜久

集英社 2014-09-19
売り上げランキング : 304500

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美少女教授・桐島統子の事件研究録

喜多 喜久著『美少女教授・桐島統子の事件研究録』読了
主人公は大学に入りたての男子大学生。バイトで研究所の手伝いを始めるが、そこで研究しているのがノーベル賞を受賞した女性教授。だが、この女性教授が若くなる病気のために容姿が美少女になっていく。それ自身がこのミステリーでどういう意味があったのかよくわからない。
話のもととなるミステリーとしては、まず吸血鬼騒動があり、主人公の同級生が原因不明の病気で入院することとなる。病気の原因を美少女教授が調べると、特殊な肝炎ウイルスに感染していることがわかる。更に調べると大学のある研究室で昨年なくなった大学院生も同じ肝炎ウイルスで亡くなっていることがわかる。
この肝炎ウイルスがどのような経路で感染させられたのか。吸血鬼が原因なのか。
そこから、意外な原因と目的が明らかになる。それを解いていったのが美少女教授ということなのだが、ちょっと設定がよくわからない。あえて美少女教授が必要なのか。
話としては化学や生化学を使ってミステリーを論理的に面白くしているのは良かった。
このシリーズは続けていないみたいなので、やっぱり設定に無理があったのかな。

美少女教授・桐島統子の事件研究録
美少女教授・桐島統子の事件研究録喜多 喜久

中央公論新社 2012-12-18
売り上げランキング : 446299

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
桐島教授の研究報告書 - テロメアと吸血鬼の謎 (中公文庫) 化学探偵Mr.キュリー4 (中公文庫) 化学探偵Mr.キュリー2 (中公文庫) 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希 (『このミス』大賞シリーズ) 真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク (集英社文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫に知られるなかれ

深町秋生著『猫に知られるなかれ』読了
戦後占領下を舞台に日本人のスパイ組織が活躍する和製ハードボイルド小説。
時代の雰囲気を十分に醸し出し、魅力的な登場人物の描写など読んでいて非常に面白かった。ワクワクする感じ。占領下の混乱の時代でもあるので、まともなことでは話が進まず、スパイが裏でうまく動くことで物事をうまく動かしていくところが臨場感があって面白い。
このシリーズを続けてほしい。

猫に知られるなかれ
猫に知られるなかれ深町秋生

角川春樹事務所 2015-07-31
売り上げランキング : 164439

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真実の10メートル手前

米澤 穂信著『真実の10メートル手前』読了
大刀洗万智シリーズの短編集。
『王とサーカス』は長編小説だったが、こちらはそれよりも前に書いた短編を集めたもの。
主人公がフリーの記者だったり、新聞社にいた頃のちょっとしたミステリーだが、それぞれにビリッとしたキレのいい話になっている。著者がこの主人公に愛情を持っていることがよく分かる。
このシリーズでもう少し短編でも長編でも読んでみたい。個人的には短編のほうが面白い気がするが。

真実の10メートル手前
真実の10メートル手前米澤 穂信

東京創元社 2015-12-21
売り上げランキング : 9628

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
王とサーカス さよなら妖精 (創元推理文庫) 満願 戦場のコックたち 橋を渡る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中野のお父さん

北村 薫著『中野のお父さん』読了
出版社に勤める主人公が本にまつわる謎を中野のお父さんに聞いて解く短編集。
著者のうんちくを含めていろいろなちょっと気になる謎が出てきて、それを簡単にお父さんがすぱっと解説してくれるのが面白い。肩に力の入らないさっと読めるミステリーとして秀逸。続けてほしい。あと、うんちく的なところも面白くて好きだ。

中野のお父さん
中野のお父さん北村 薫

文藝春秋 2015-09-12
売り上げランキング : 107973

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイルパーチの女子会

柚木 麻子著『ナイルパーチの女子会』読了
長編小説
著者の気楽な短編集とはちがい、重い感じの女子のどろどろした小説。
主人公は父と同じ商社に入社して30台を迎えたOLとお気楽なブログを書いている主婦。
ブログが気になってチェックしていたOLが実はこの書いているブロガーが自宅の近くに住んでいる事に気づき、とあるきっかけで接触する。ブログの熱心な読者であることをアピールし、友達になることを強要する。そもそもこのOLさんもちょっと性格的に問題がある。
女子で群れることに慣れていない人はなかなか社会性を獲得するのが難しいのか。男は一人でいる人も多いけど、女子はね。相手に合わせることがめんどくさくなると距離を置くだろうし、そうなってしまうと輪の中に入っていくのも大変になっていくし。人は群れで生きているけど、それにあわせるのはなかなか難しい。
だんだんストーカーとなっていくOLとそれを窮屈に思うブロガー。ちょっと怖くなっていく展開だが、なんとかブロガーが逃れようとしてブロガー仲間に助けを求めるのも、それが逆にストーカーになっていってしまう。本当に怖い展開。
社会性は大事だけど、みんなに合わせなければ生きられない社会も怖い。ちょっとずっしり来る小説だった。

ナイルパーチの女子会
ナイルパーチの女子会柚木 麻子

文藝春秋 2015-03-28
売り上げランキング : 15323

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
幹事のアッコちゃん 嘆きの美女 (朝日文庫) 王妃の帰還 (実業之日本社文庫) その手をにぎりたい 本屋さんのダイアナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪しい店

有栖川 有栖著『怪しい店』読了
店をめぐるミステリー短編集
とびきりの一品はないものの、どれもかなりのレベルにある短編が集まっている。
全体的に語り口が落ち着いているので、ゆっくりとした調子で物語が語られる。それがいいという人とゆったり進んでなんとなく心地悪いという人といるのではないかと思う。じっくり読めば味が出る。そんな感じ。

怪しい店
怪しい店有栖川 有栖

KADOKAWA/角川書店 2014-10-31
売り上げランキング : 26882

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
鍵の掛かった男 菩提樹荘の殺人 (文春文庫) 高原のフーダニット (徳間文庫) 臨床犯罪学者 火村英生の推理(Blu-ray BOX) 菩提樹荘の殺人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよならの手口

若竹 七海著『さよならの手口』読了
葉村晶シリーズの最新刊。久しぶりに読んだ感覚があったが、あとがきを読むと13年ぶりだと。その分、主人公も年を取り、40台となっている。
関わっていた探偵事務所が廃業となり、探偵はちょっとお休みをして、古本屋のバイトをしているところから始まる。最初のマクラの部分だけを読んだだけでワクワクしてしまった。この部分だけでも短編になれる。
このちょっとした事件で入院していた部屋に同室していた老女から、20年前に失踪した娘を探してくれと頼まれる。もともと20年前に別の探偵が調べていた報告書をたどる形で再度調べることとなるが、そこに実はその娘が私生児であったり、その父親が誰であるのかの謎解きや昔調べていた探偵も同じ頃に失踪していたことなど、いろいろな伏線が張られ、それを終盤に向かって回収していくさまは非常に面白い。終わりまでワクワクして一気に読んでしまった。
もともと話のうまい著者だと思ったが、この登場人物に思い入れがあることがよく分かる。このシリーズも続けてほしいな。このミスに選ばれるだけのことはある。非常に面白かった。次回作に期待。

さよならの手口 (文春文庫)
さよならの手口 (文春文庫)若竹 七海

文藝春秋 2014-11-07
売り上げランキング : 43349

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
悪いうさぎ (文春文庫) 依頼人は死んだ (文春文庫) プレゼント (中公文庫) 古書店アゼリアの死体 (光文社文庫) ヴィラ・マグノリアの殺人 (光文社文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生ちえのMBA日記 ― 社長だもん、もっと勉強しなきゃ!!

甲斐莊 正晃著『女子高生ちえのMBA日記 ― 社長だもん、もっと勉強しなきゃ!!』読了
シリーズ3冊目。乗っ取り騒動の後、社長業を学ぶためにビジネススクールに通うこととなる女子高生社長。
そんな中で、マーケティング、ゲーム理論、SWOT分析などを学ぶ。
一方会社では製品で不良が発生し、取引先でリコールとなる。その火消しを行いつつ、会社を一体化させるなど、ビジネス書としては結構面白くなっている。
不具合とか障害は普通の会社でも起きることだが、うまく対応すれば逆に取引先との信頼を高められる。しっかり対応することが大事。

女子高生ちえのMBA日記 ― 社長だもん、もっと勉強しなきゃ!! (女子高生ちえの社長日記)
女子高生ちえのMBA日記 ― 社長だもん、もっと勉強しなきゃ!! (女子高生ちえの社長日記)甲斐莊 正晃

プレジデント社 2010-09-17
売り上げランキング : 134564

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
女子高生ちえの社長日記〈PART‐2〉M&Aがやって来た!? 女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!? 女子高生ちえの社長日記PART-4 ― 国際化?中国?それで、戦略!? ビジネスマンの基礎知識としてのMBA入門 マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »