« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

凪の司祭

石持 浅海著『凪の司祭』読了
海の向こうでは自爆テロの話題が多いが、なかなか日本では実感がない。そのうちにそういったテロも起きるのではないかと思うが、自爆テロではなく人が密集するところで2,000人を殺害する行為を起こそうとするとどうやるのかを表した小説だ。
動機は簡単ではない。東京の内陸部でゲリラ豪雨が起きるのは沿岸部に高層の建物を立てたからという説を信じて、その建物を破壊して海風を内陸部まで送るようにする。そのためには、その建物で多くの人が亡くなれば、建物を壊すだろうということで、大量殺人を計画する。しかも、爆弾などを使わずに、生物化学兵器の一種を探しだして、その毒素を人にふりかけて、または塗りつけて殺すというちょっと原始的な方法。まあ、フィクションだからということはあるものの、そこに科学的要素は入れこんである。確かに、毒素に触れただけで人が死ぬほどの毒素があるかというとそんなことはないだろうとは思うものの、いかにして2,000人を殺すかということを考えて、行動を起こすという道筋なんかは戦略論としてある意味参考になるかもしれない。当然ながら、ほめられることではないが、目的のためには出来る限りの思考を行い、考えぬいて行動するというお手本かもしれない。ただ、狂気にかられてというのはいけない。
まあ、フィクションだから許されるが、今の日本、特に東京では外国人も多くて、いつどこでテロが起きてもおかしくない状況かもしれない。その時人はどう行動したらいいのか、一度しっかり考えておいたほうがいい。単に怖がるだけでなく、想定しておけば対処できる。この小説は荒唐無稽な内容かも知れないが、テロなんてものはそもそも荒唐無稽なものだ。

凪の司祭
凪の司祭石持 浅海

幻冬舎 2015-10-22
売り上げランキング : 478145

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
罪人よやすらかに眠れ 届け物はまだ手の中に (光文社文庫) 真実の10メートル手前 犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼 教場2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あまからカルテット

柚木 麻子著『あまからカルテット』読了
女子校で一緒になった4人組がそれぞれに食べ物にまつわる話でちょっとした謎を解いていく。
たまたま行った花火大会で隣になり、いなり寿司をもらったところあまりの美味しさとその男性が忘れられなくなり、いなり寿司をヒントに男性を探す話など。実はお米やさんが作ったいなり寿司だったと。
女子校の友人なんかは、その後の人生でずっとつかず離れずにやっていくものなのだろうか。女性でないし、女子校でもなかったのでわからない。男子校でもなかったが、高校3年の時は理系で男子だけのクラスだった。男子はそういったこともないのだ。今年で高校卒業して40年近くが経つが、今だに交流があるのは自分のかかりつけの医者やっているやつだけかな。男子なんてそんなもの。まあ、仲良くやっているし、医者が同級生というのもなかなか便利だけど。歯医者も一人いるけど、近くにはいないのでやってもらったことはない。あと、仕事が近くてあったことがあるのが一名程度。そんなもんだ。

あまからカルテット (文春文庫)
あまからカルテット (文春文庫)柚木 麻子

文藝春秋 2013-11-08
売り上げランキング : 30451

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ランチのアッコちゃん (双葉文庫) 終点のあの子 (文春文庫) 嘆きの美女 (朝日文庫) 3時のアッコちゃん 王妃の帰還 (実業之日本社文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だれもが知ってる小さな国

有川 浩著『だれもが知ってる小さな国』読了
佐藤さとるさんの書かれたコロポックル物語の続編というか、つながっている話を書いてくれた。さすがは当代随一のストーリーテラー。いいお話にまとまっている。
主人公はハチ屋の息子。ハチ屋さんというのは、はちみつになる花を求めて本州を南から北へ旅をする。その終着が北海道で、夏に北海道まで行って一年が終わる。その北海道で、小人に出会う。同じ頃、別のハチ屋の娘さんも同い年で同じ小学校に転校してくる。そこでの出会いや、北海道で友達となった人との交流を描いている。
小人を見たことは誰にも言ってはいけない約束だったので、ずっと黙ってきていたが、やがてこの二人が結婚することとなり、そのことから娘さんも同じように小人(女の子)を見ていたことがわかり、人間と小人家族の交流がこれから始まるというところで終わる。うまく続けていけば、シリーズ化もできるけど、これはこれで終わりでもいい気がする。
佐藤さとるさんのコロボックル物語は教科書にも載っていたような気がするが、小学生のころ、図書館で読んだ記憶もある。いわゆる定番なのだろう。最近子供たちは読書をどのようにしているかわからないが、いい小説に子供の頃に触れるとその後の読書人生が変わると思うので、この本も含めて読んでもらいたいと思う。

だれもが知ってる小さな国
だれもが知ってる小さな国有川 浩 村上 勉

講談社 2015-10-28
売り上げランキング : 8686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book) コロボックルの世界へ コロボックルの小さな画集 IN★POCKET 2015年10月号 倒れるときは前のめり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発再稼働「最後の条件」: 「福島第一」事故検証プロジェクト 最終報告書

大前 研一著『原発再稼働「最後の条件」: 「福島第一」事故検証プロジェクト 最終報告書』読了
震災から5年が経ち、NHKでも福島第一原発の最初の88時間を特集していたりして、整理する時期が来たのかと思う。
この本は事故から1年後に著者がまとめた報告書だ。2012年にこれをまとめたスピード感はすごいし、しかもほぼ正しい内容を掴んでいる。というか、こういったスピード感で事故対応をしていかないと仕事では役に立たない。そして、お客は逃げていく。こういった大規模なものでなくとも、事故が起きたら、すぐに原因調査、そして対策。その後で処分をしないといけない。だれかが本来やらなければならないことを怠っていたのなら処分しなければならないだろう。

本書では、福島第一だけでなく、同じような震災による被害を受けた別の原発(福島第二、女川など)との比較をして、何が良くなかったのか、そして、事故にならなかったこれらの原発は何が良かったのかを分析している。これらの分析をしっかりやることによって、次に同じことが起こったとしても同じような事故にならないためには何をしておくべきかが明確に、合理的にわかることとなる。決して同じような被害が発生するわけではないので、同じ対策だけをして安心というわけではないが、少なくとも同じ程度の被害でも大事故とならない対応は取れる。そこから、経験を積んで安心を勝ち取っていく。そうやって、賢くなっていくはずだ。この本はそのための貴重な資料だ。
全電源喪失なんて起きないと思っていたから、こういった事故は起きた。ディーゼル発電機が止まるなんてことは思っていないから、同じような発電機を横に並べておいた。ちょっと考えて、まてよ、違う種類の空冷の発電機を一台置いていただけで、助かった原発もあるのだ。考えぬくことが大事なのだろう。
そして、NHKのTVでもあったが、かえすがえす水素爆発を起こしてしまったのが痛い。しかも、1号機で起きて、同じ状況で予想できたはずなのに、3号機、4号機でも爆発を起こさせてしまった。あれさえなければ、後処理は幾分楽だったろう。1号機の知見から、他の原子炉で水素のガス抜きが出来なかったのか。考えていたのに出来なかったのか。そこは本当に残念だ。
最後まで電源がない状態で頑張っていた2号機で冷却機能が無くなり、ベントも出来ない状態で格納容器の損傷まで起こしてしまったのは辛い出来事だ。現場で作業をしていた方々はなんとかベントしようとやっていたのだろうが、それが出来ず、結局損傷してしまったことによって、大量の核物質を拡散してしまうこととなり、その後の除染などに多大な費用と労力がかかる事となってしまった。多重障害への対応は難しいもの。頑張って作業をされたけど、結局だめだった。かえすがえすも残念。
我々は、これらの知見から前に進んでいかなければならない。少なくとも同じような被害があったとしても、原発は健全な状態で停止できなければいけない。そういったことが本当に出来ているのか、心配になってしまう。再稼働するなら、最低でもそういったことはやってからにしてほしい。福島第一から得た教訓を糧に、より安全な原発を少なくとも後何年かは動かさなければならないだろうし。

原発再稼働「最後の条件」: 「福島第一」事故検証プロジェクト 最終報告書
原発再稼働「最後の条件」: 「福島第一」事故検証プロジェクト 最終報告書大前 研一

小学館 2012-07-25
売り上げランキング : 150851

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
国会事故調 報告書 福島原発事故はなぜ起こったか 政府事故調核心解説 「0から1」の発想術 福島第一原子力発電所事故その全貌と明日に向けた提言: 学会事故調 最終報告書 福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生ちえの社長日記〈PART‐2〉M&Aがやって来た!?

甲斐莊 正晃著『女子高生ちえの社長日記〈PART‐2〉M&Aがやって来た!?』読了
シリーズ第二弾。今度はM&A、乗っとり騒ぎだ。
女子高生が父親の死によって中小企業の社長業を行うこととなり、友人やドラム仲間のコンサルティングのおじさんの協力のもとになんとか社長としてやっていくお話。
今回は営業の難しさとか、製造におけるサンクコストなんかを教えてくれる。それに加えて、専務の仕掛けたM&Aとともに会社乗っ取りだ。取引先から大型の受注話とともに、中国に進出するような話をもってきて、しかも投資もしてくれるといった虫のいい話。ちゃんと裏を取らないとえらいこととなる。大体において、上の人が言った話はそのまま聞いてしまうが、ちゃんと裏を取らないと大変なこととなる。まさに、そういったことはある。
なかなかためになる上に、読みやすいので、いいビジネス書だと思う。

女子高生ちえの社長日記〈PART‐2〉M&Aがやって来た!?
女子高生ちえの社長日記〈PART‐2〉M&Aがやって来た!?甲斐莊 正晃

プレジデント社 2008-11
売り上げランキング : 317534

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!? 女子高生ちえのMBA日記 ― 社長だもん、もっと勉強しなきゃ!! (女子高生ちえの社長日記) 女子高生ちえの社長日記PART-4 ― 国際化?中国?それで、戦略!? 新人OL、つぶれかけの会社をまかされる (青春新書PLAYBOOKS) 新人OL、社長になって会社を立て直す (青春新書プレイブックス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?

甲斐莊 正晃著『女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?』読了
どこかの書評で出ていたので、そのうちに読もうと思ってアマゾンのほしい物リストにずっと載せていたのだけど、たまたま図書館で見つけたので、読んでみた。
なんか、表紙のイラストからすると、軽い話かなと思っていたら、これはれっきとしたビジネス書だった。
主人公の女子高生のお父さんが中小企業の社長さんだったのだが、急になくなって後継者がいなくなり、仕方がなく女子高生が社長になることになる。まあ、普通だったら会社の実力者にあしなわれて、形だけの社長になっていくところが、本人が一生懸命調べたり、一緒にドラム練習をしているコンサルのおじいさんに教えてもらったりで、けっこううまく社長業をこなしている。何より、在庫管理とか償却費とか、ジャストインタイムの管理などを読みながら理解できちゃうという非常にためになる小説だ。
著者が当然ながら知識があるということと、読みやすい内容にして理解しやすいようにしてくれているということで、いいビジネス書になっている。
続きがあるようなので、そちらも読んでみることにする。

女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?
女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?甲斐莊 正晃 AKIRA

プレジデント社 2007-06-27
売り上げランキング : 32678

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
女子高生ちえの社長日記〈PART‐2〉M&Aがやって来た!? 女子高生ちえのMBA日記 ― 社長だもん、もっと勉強しなきゃ!! (女子高生ちえの社長日記) 女子高生ちえの社長日記PART-4 ― 国際化?中国?それで、戦略!? 新人OL、つぶれかけの会社をまかされる (青春新書PLAYBOOKS) 女子高生社長、経営を学ぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »