« いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 | トップページ | 3時のアッコちゃん »

総理にされた男

中山 七里著『総理にされた男』読了
面白い設定の小説。
主人公は売れない演劇をやっている劇団員。容姿がたまたま時の総理大臣に似ていることもあって、劇団の前座でちょっと喋ったりしていた。その男が拉致され、官房長官のもとに連れてこられ、総理大臣の代役をやることになる。本物の総理大臣は急病で意識不明の状態という設定。
急に総理大臣の職につけって言ったってそう簡単にできるもんじゃないと思うもんだが、要は大概のことは周りが決めていて、あとは良きに計らえって言っていればいいと。そうでもないとは思うのだが、まあ、お役人がある程度やってくれるのでなんとかなるのかもしれない。
そんな感じで始めてみたものの、本物は途中で亡くなってしまい、そのまま総理大臣を続けることになる。その後、後に引けなくなったのと、総理大臣という立場でちょっと政治家的でないこともやりだしたり、庶民感覚を出してみたりといろいろ面白く政治に関わるようになる。
政治家なんて裏でドロドロしているのではないかと思ってしまうが、結局は交渉事で相手の考えを上手く引き出し、こちらに有利になるようにまとめることがうまいかどうか。理想ばかり言っていたってダメだけど、夢がなければ人はついていかない。その夢をいかに共感させられるか。大多数の賛成はOKだけど、少数の面倒くさい反対派が結局一番大変で、声の大きい人に引きずられて対局を見失うことが多いように思う。やっぱり大多数の幸福のためには少しの苦労と犠牲はしかたがないのではないかと思うのだが。

総理にされた男
総理にされた男中山 七里

NHK出版 2015-08-21
売り上げランキング : 53814

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
闘う君の唄を ヒポクラテスの誓い 嗤う淑女 犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼 孤狼の血

|

« いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 | トップページ | 3時のアッコちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/62996481

この記事へのトラックバック一覧です: 総理にされた男:

« いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 | トップページ | 3時のアッコちゃん »