« 精鋭 | トップページ | いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 »

売国

真山 仁著『売国』読了
日本のロケット開発に絡む機密情報をアメリカに売り渡そうとする人間と、それを阻止しようとする人間との争いを描いている。表題はその情報を売り渡そうとする行為を指しているものと思われる。
話としては面白いのだが、展開がちょっと問題で、本の終わりに近くなってどうやって結末に持っていくのかと思ったら、あっけなく終わってしまってなんなのと思ってしまった。
取り上げているテーマは面白いものだし、なんとなく伏線みたいなものが終わりに近いところで出てきているので続きがあるのかと思ってしまった。

売国
売国真山 仁

文藝春秋 2014-10-30
売り上げランキング : 126778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
雨に泣いてる ハゲタカ外伝 スパイラル ダブルギアリング 連鎖破綻 (角川文庫) 黙示 そして、星の輝く夜がくる

|

« 精鋭 | トップページ | いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/62820400

この記事へのトラックバック一覧です: 売国:

« 精鋭 | トップページ | いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 »