« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

猫色ケミストリー

喜多 喜久著『猫色ケミストリー』読了
勝って積ん読をしてあった文庫を読了。私にとっては非常にいいミステリーに思えたが、一般受けはどうか。
著者の他の作品と同様に大学院の化学系の院生が主人公。雷の影響で、男の院生と女の院生、猫の意識が入れ替わる。男の意識が女子に、そして女の意識は猫に。この意識が入れ替わるという展開はある意味使い古されたことだが、3つで玉突きはなかなかないかな。
女性の院生は化学の反応系の修士段階で卒業間近。触媒を使って不斉合成が効率良くできる反応を研究している。ちなみに不斉合成って一般的にはわからないよね。自分は大学で化学系で有機化学を専攻していたので知識として知っているけど、一般の人は知らないだろうな。化学物質の中にはその構造によって、同じ組成であっても構造が鏡像体となるものがあって、一般にはD体が自然界に多くあり、その反対のL体は合成反応で作ってやらないといけない。同じ組成であっても、D体とL体では反応が違うことがある。構造に違いがあるのだから当たり前だけど、その構造をうまく利用して効率よく合成できる触媒を探すのはなかなか難しい。ここまで言葉で説明したけど、わからないだろうな。
合成反応自体はミステリーと関わらないが、誰かが主人公の試験反応を妨害していることがわかり、その犯人を探すと以外なところにいた。これ自体は大きな問題ではないが、卒業を遅らせたい一心でやっていたらしい。
また、研究室で行われる合成反応で覚せい剤と同類の試薬を合成しているもう一人の犯人がいて、その犯人がこの主人公の入れ替わりの戻りの試薬を作っていた。
で、意識の入れ替わりとミステリーの犯人は直接関係していないのだ。うーん、意識の入れ替わりの状況を作って、ミステリーの謎解きに味付けしているという感じかな。
総じて、このお話は自分としては面白かった。30年前に大学は卒業したが、その当時は毎日大学の研究室に入り浸って、反応をしては後処理をして、試験してということの繰り返しをしていた。その頃のことが思い出されて、非常に面白かった。ただ、一般の人はどうかな。こういったミステリーを通じて、科学の面白さに興味を持ってくれたらいいなとは思っているが。

猫色ケミストリー (『このミス』大賞シリーズ)
猫色ケミストリー (『このミス』大賞シリーズ)喜多 喜久

宝島社 2012-04-06
売り上げランキング : 570424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラブ・ケミストリー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) ラブ・リプレイ (『このミス』大賞シリーズ) 化学探偵Mr.キュリー3 (中公文庫) 化学探偵Mr.キュリー (中公文庫) 化学探偵Mr.キュリー2 (中公文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幕が上がる

平田 オリザ著『幕が上がる』読了
ももクロの映画の原作ということで手にとった作品。予想外に素晴らしい作品で驚嘆した。
そもそもアイドルの映画の原作ということで、それなりの原作でいかにもアイドルをアイドルらしく取るためのお話かと思ったら、そもそもこの原作があって、その映画化にももクロが抜擢されたということらしい。なので、映画化ということはおいておいて、素直に小説を読めばいい。この小説が素晴らしい。
高校の演劇部にいる部長の女子高生が主人公。例年地区大会止まりなんだけど、同じ学年の部員とともに一念発起して上の大会を目指す目標を立てる。そこに演劇経験のある新任の女教師が顧問として入ってきて、彼女たちが変わり始める。
お話としては当然ながら、高校の部活の中の話でハッピーエンドに向かって進んでいくのだが、劇中劇も銀河鉄道の夜で、それも面白くて非常に引き込まれていった。登場人物が本当にイキイキしている。女子高校生ってこんな感じなんだろう。等身大の高校生が躍動する感じがすごくいい。あと、女教師もいい味を出している。しかも、地区大会の後退職して女優になっちゃうというハプニングまであって。
この小説の映画化でこの女教師を誰がやるのかと思ったら、黒木華さんだった。すごい実力のある女優さんだ。これでおそらく話がピリッとする。この映画、間違いなくいいでしょ。
来月CATVでやるみたいなので、録画してみよう。
ちなみに娘が高校の時に演劇部だった関係で、高校の演劇は昔見たことがある。たしかに拙いのだけど、たまにいい演劇を見せてくれる。一度は感動したこともある。侮れない。

幕が上がる
幕が上がる平田 オリザ

講談社 2012-11-08
売り上げランキング : 129972

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
+act. (プラスアクト)―visual interview magazine 2016年 01月号 ももいろクローバーZ日めくりカレンダー2016<姫クロ> クイック・ジャパン 122 ももプロZ AEスーパースター列伝(3) (KCデラックス エッジ) ももクロニクル2012-2013 全力少女が駆けぬけた秋冬春夏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WD HDD

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 1TB Blue WD10EZEX/N / 7,200rpm / SATA3.0 / FFP
【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 1TB Blue WD10EZEX/N / 7,200rpm / SATA3.0 / FFP
Western Digital
売り上げランキング : 118


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トライアングル

岡井 崇著『トライアングル』読了
デザイナーベイビーつながりで読んだ。
登場人物は前回と同じ。今回の主人公は女医の息子。その彼女が難病のがんにかかり、その治療薬として未承認薬を使用するが、その薬には特定の遺伝子を持つ人には深刻な副作用があることがわかり、その対応をしなければならない。癌の特効薬としての非常な効果が出ることから、保険適用の承認を申請したい製薬会社がその副作用を隠そうとする動きと、片方では保険外治療を認める病院行政とをうまく描いている。
前作でも書いたが、著者は学者だったということもあり、内容の展開が非常の論理的で合理的。そのストーリー展開と人物描写がよかった。ぞくぞくと作品を出されているようなので、読んでいきたい。

トライアングル
トライアングル岡井 崇

早川書房 2015-03-06
売り上げランキング : 141364

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
デザイナーベイビー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA) ノーフォールト(下)(ハヤカワ文庫JA) ノーフォールト(上)(ハヤカワ文庫JA) デザイナーベイビー プラージュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の海は

近藤 史恵著『昨日の海は』読了
身近なことを扱ったミステリーとしては秀逸。
主人公は男子高校生。片田舎の海の近くに住んでいる。そこに母親の姉が8歳の少女を連れて引っ越してきた。実は主人公の祖父母は海で心中死していた。それは無理心中なのか、普通の心中なのか。その謎を主人公が解くこととなる。祖父は写真館を経営し、自身も写真家として写真集を出しており、賞を取っていた。なぜ心中をしなければならなかったのか。借金があったとのことだが、それだけか。
家族の謎を高校生の感性で解いていく。その過程の面白い。何より、人物描写がいい。非常に人物がイキイキし、そこでの暮らしが手に取るように見える感じがする。
こういった小説はドラマ化が簡単にできると思うのだが、実はこの小説で想像しているものが映像化されると陳腐化されてしまうような気がする。でも、ドラマとして映像で見たい気もするな。どうなんだろう。
非常にいいミステリーだ。秀逸という言葉がぴったりな気がする。著者ならではのミステリー小説だろう。

昨日の海は
昨日の海は近藤 史恵

PHP研究所 2015-07-18
売り上げランキング : 377308

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スーツケースの半分は 岩窟姫 (文芸書) チェインドッグ (ハヤカワ・ミステリワールド) 闘う君の唄を 中野のお父さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »