« デザイナーベイビー | トップページ | 昨日の海は »

下山事件 暗殺者たちの夏

柴田 哲孝著『下山事件 暗殺者たちの夏』読了
戦後最大のミステリー、下山事件を扱ったフィクション。
著者は下山事件のノンフィクションも書いているが、ノンフィクションでは語りきれないところを、フィクションという形で描いたもの。なぜ下山総裁は殺されなければならないのか。自殺に見せかけた偽装工作は誰が何のために行ったのか。その点をフィクションとして描いている。
国有鉄道の総裁が行方不明となり、轢断死体となって見つかるなんて普通の状況ではない。でも、そこには戦後の占領状態でしかも、国が少し乱れていた時なので、あり得たものなのか。今の世なら、もっとちゃんと捜査が行われただろうに、結局は自殺他殺どちらかも明確にされずに闇に葬られた形となってしまった。はたして真相はなんだったのか。案外アメリカ公文書館の占領時代の文書のなかに何か残されているのかもしれない。

href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396634706/jubilofuncoco-22/" target="_top">下山事件 暗殺者たちの夏
下山事件 暗殺者たちの夏柴田 哲孝

祥伝社 2015-06-24
売り上げランキング : 50888

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
下山事件完全版―最後の証言 (祥伝社文庫 し 8-3) “ヒロシマ・ナガサキ”被爆神話を解体する――隠蔽されてきた日米共犯関係の原点 謀殺 下山事件 (祥伝社文庫) 富士山噴火 東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命

|

« デザイナーベイビー | トップページ | 昨日の海は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/62548268

この記事へのトラックバック一覧です: 下山事件 暗殺者たちの夏:

« デザイナーベイビー | トップページ | 昨日の海は »