« やればできる | トップページ | ブルーマーダー »

純喫茶「一服堂」の四季

東川 篤哉著『純喫茶「一服堂」の四季』読了
表紙のデザインに惹かれて手にとった本。
ミステリー短篇集。
殺されて十字架みたいにくくられる被害者とか、手足などをバラバラされた被害者などが出てくる殺人事件を純喫茶の女主人が謎解きをする。
殺人事件自体が淡々と語られたり、純喫茶の女主人が接客が苦手だったりとギャップが有るところをうまく使って話を面白くしているのだろう。確かに面白かった。読みやすかったので、スラスラ読めるミステリーだった。最近はこんなミステリーが流行っているんだよね。

純喫茶「一服堂」の四季
純喫茶「一服堂」の四季東川 篤哉

講談社 2014-10-09
売り上げランキング : 92290

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて ライオンの歌が聞こえる 平塚おんな探偵の事件簿2 (平塚おんな探偵の事件簿 2) 魔法使いと刑事たちの夏 謎解きはディナーのあとで 風祭警部の事件簿 (小学館文庫) ゼロの日に叫ぶ: 戦力外捜査官3

|

« やればできる | トップページ | ブルーマーダー »

コメント

正直、ヒロインの造形があまりにも大げさすぎて読みづらかったのですが、
なんとか最後まで読みました。
密室トリックはともかく、叙述トリックはちょっとした頭の体操になりました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

投稿: 藍色 | 2016/02/19 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/61923746

この記事へのトラックバック一覧です: 純喫茶「一服堂」の四季:

» 『純喫茶「一服堂」の四季』東川篤哉 [粋な提案]
珈琲の味は、いまひとつ。でも推理にかけては一級品。古都・鎌倉でひっそりと営業する古民家風喫茶「一服堂」。エプロンドレス姿の美人店主は、恥ずかしがり屋で人見知り。しかし、事件となるとガラリと人が変わってしまう。動機には一切興味がない安楽椅子型の名探偵が「春」「夏」「秋」「冬」の4つの事件を鮮やかに解く、連作シリーズ! 目次・春の十字架/もっとも猟奇的な夏/切りとられた死体の秋/バラバラ死体と...... [続きを読む]

受信: 2016/02/19 12:01

« やればできる | トップページ | ブルーマーダー »