« 小説 外務省-尖閣問題の正体 | トップページ | 本屋さんのダイアナ »

ガンコロリン

海堂 尊著『ガンコロリン』読了
いつものシリーズの短篇集。表題作はがん対策の薬ができたというお話。
医療関係の話を読むと結構将来が心配になる。最近、大きな病院でも医療事故と思われるインシデントで何人も亡くなっているので、ほんとうに心配。結局医者に見てもらって、診断してもらい、最悪は手術等をしてもらわなければならないのだけど、その手術もうまい医者がやれば成功するけど下手な人がやれば最悪殺されちゃう。でも、手術しなければ治らない。
そりゃあ普通に理解できる。なんだってそうだ。仕事だってそうだ。できるやつに任せたら、簡単にできることが能力が低ければ教えなければ出来ない。出来ないやつだと教えたって出来ない。だからできるやつのところばかりに仕事がくる。それじゃあいけないから、人材育成だっていうけど、出来ない奴は本当に出来ない。いくらやっても出来ないんだよね。言うは簡単だけど、そんなに簡単だったらみんな天才だよ。
あー、仕事の愚痴になっちゃった。やだやだ。

ガンコロリン
ガンコロリン海堂 尊

新潮社 2013-10-22
売り上げランキング : 251742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アクアマリンの神殿 (単行本) カレイドスコープの箱庭 玉村警部補の災難 (『このミス』大賞シリーズ) スリジエセンター1991 医学のたまご (ミステリーYA!)

|

« 小説 外務省-尖閣問題の正体 | トップページ | 本屋さんのダイアナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/61839639

この記事へのトラックバック一覧です: ガンコロリン:

« 小説 外務省-尖閣問題の正体 | トップページ | 本屋さんのダイアナ »