« ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~) | トップページ | ガンコロリン »

小説 外務省-尖閣問題の正体

孫崎 享著『小説 外務省-尖閣問題の正体』読了
これは小説という形を取っているが、書かれている内容は事実なのだろう。
尖閣問題は日中間のややこしくするためのものであり、表に出てくることになれば必ず問題となることだった。一度棚上げで両国間は合意したみたいだが、当然ながらそんなことを公式に文書化も出来ないだろうから、そうしたことを首脳間で取り決めたという記憶だけが残った。そのため、時間とともにそして人とともに忘れられ、両国間の関係とともに表に出てきて問題となってしまった。
北方領土問題だってそうだ。ロシアが実効支配しており、普通に考えたら返還なんてできるはずがない。でも、何らかの両国間の利害が絡めばできることもある。そんな大変な交渉だから、簡単にできないし、表に出来ない。ある日突然首脳間会議が持たれて決まるのだろう。それによって、周りの国との関係も関わってくる。特にアメリカとの関係だ。
ロシアと日本が仲良くなるのはアメリカとしては気に食わない。同様に日本と中国が必要以上に仲良くなるのも気に食わない。だから、ちょっとした問題を提起する。
アメリカは中国の南シナ海の軍事基地化を気にしているが、はたしてどこまでちょっかい出すのか。ちょっかいで済めばいいが、下手をすると本格的な軍事衝突になる。振り上げた拳の落とし所が無くなる。さて、どこまでやる気があるのか。中国はちょっかい出されたらやるんじゃないかと思うよ。ただ、経済的なつながりもあるからどうなんだろう。そんなに簡単な話ではないと思うけどね。
だからといって安保改悪は困っちゃう。安部首相はある意味歴史に名を残す首相になるかもしれない。まあ、跡継ぎもいないんだから仕方がないが。

小説 外務省-尖閣問題の正体
小説 外務省-尖閣問題の正体孫崎 享

現代書館 2014-04-10
売り上げランキング : 25925

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日米開戦の正体――なぜ真珠湾攻撃という道を歩んだのか いま語らねばならない戦前史の真相 崖っぷち国家 日本の決断 戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) 日本を疑うニュースの論点 (単行本)

|

« ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~) | トップページ | ガンコロリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/61741945

この記事へのトラックバック一覧です: 小説 外務省-尖閣問題の正体:

« ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~) | トップページ | ガンコロリン »