« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

しんがり 山一證券 最後の12人

清武 英利 著『しんがり 山一證券 最後の12人』読了
どこかの書評に出ていたので読んだ。ノンフィクション。
すでに20年近く経つのか。山一證券が破綻してから。
当時いわゆる大会社が急に自主廃業なんてことがなぜ起こるのか非常に不思議だった。なかなか内情はマスコミには出てこなかったような気がする。そのころはバブルが崩壊していわゆる住専の破綻処理なんかでヤクザに便宜を図っているようなことがあったから、そんな感じなのかと思っていたが、そうではなかったんだ。極めてひどい不正隠しが行われていて、それが経営陣も巻き込んだ中で長年行われていた。しかも簿外の債務がたくさんあって、それを表に出さないように子会社を作って、その会計年度をずらして債権を回転させるという荒業まで行っていた。どこにも正義を訴える人はいなかったのか。コンプライアンスという言葉がなかった時代なのだろうか。
でも、経営陣からそっとやれって言われればやるしかないだろうね。自分だって言えないことはある。軽く法律に触れることだって言われればやってきた。ただ、ここまでではない。しかも、あとでなんとか帳尻は合わせてきた。普通の感覚だったらそうなんだろうね。
中には耐え切れずに秘密を飲み込んだまま自殺の道を選んでしまう人もいた。かわいそうでならない。
山一ほどの会社なので従業員もたくさんいた。殆どの人達は自分の会社がまさか自主廃業になるとは思っていなかっただろう。最悪でも会社更生法とか民事再生法で会社は残って、縮小されながらも業務は継続ってことが一般的だから、ある日突然廃業なんてかわいそうでならない。
あの時思ったのは会社っていうのはいつまでもあるなんてことは幻想でしかないってことだ。戦後70年しか経っていないので、せいぜい50年もっていればすごい会社だってことなんだよな。長く続けるってことはそれなりに苦労していなければ出来ないことだよ。山もあれば谷もある。山の時は好景気に踊るだけでいいが、谷の時はひたすらたえしのばなければならない。そうやって波にもまれて、時には人も変わって長続きするのが会社なんだろう。そして、ある時には嵐で突然倒れる大木のように突然倒産もする。そうなっても、サラリーマンとしては生きていかなければならないので、自分の腕で、能力で生きていかなきゃならないのだよ。そう思って生きなきゃ。会社は守ってくれない。最後は自分だけしか信じるものはない。
これなんだよ。
あと、この小説を読んで思ったけど、敗戦処理って大変なんだってこと。でも、始末をつけなければならな仕事はある。逃げ出したほうが楽なのに敗戦処理を買って出る。なかなか出来ないことだよ。いい人もいたんだよね。山一證券にも。改めて思った。

しんがり 山一證券 最後の12人
しんがり 山一證券 最後の12人清武 英利

講談社 2013-11-14
売り上げランキング : 18301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像 修羅場の経営責任―今、明かされる「山一・長銀破綻」の真実 (文春新書) 巨魁 行人坂の魔物――みずほ銀行とハゲタカ・ファンドに取り憑いた「呪縛」 巨大銀行の消滅―長銀「最後の頭取」10年目の証言

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テミスの剣

中山 七里著『テミスの剣』読了
熱にうなされていた時に読んだもう一冊。
警察官の話。無理やり犯人にしてしまい、しかも被疑者が結局自殺してしまう。犯行の証拠としてもしっかりしていたように見えたが実は別の刑事が作りこんだものだった。その事件が5年後に別の被疑者から自分がやったと語られる。警察機構としては過去の事実誤認を認めたくないから闇に葬ろうとする。お役人だし、わかるよ。過去のやったことにケチを付けることはできないのだよ。警察組織としては。お役所ってそうなんだよ。
その後、その犯人は刑期を終えて出所するが、即座に誰かに殺されてしまう。別の誰かに出所情報をリークされ、それによって誰かが敵討のように殺してしまったのだ。
連鎖は続く。その裏にあるのはなにか。いろいろと伏線を解いていった先にある巨悪の正体とはなんだったのか。
このお話は著者の他の小説ともつながっているようだ。その点は面白い。また、これだけ時間と空間、人間をつないで殺人が連鎖する話をうまくまとめている。非常に面白かった。

テミスの剣
テミスの剣中山 七里

文藝春秋 2014-10-24
売り上げランキング : 21867

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アポロンの嘲笑 月光のスティグマ 嗤う淑女 パレートの誤算 我が心の底の光

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランチのアッコちゃん

柚木 麻子著『ランチのアッコちゃん』読了
2年ぶりに風邪を引いてしまった。大して熱は出なかったが、土日と寝ていて、暇だったので寝ている間に2冊本を読んだ。
たまたま借りていた本がこの本。
珠玉の小説だった。短篇集。都会のオフィスに働くOLとその上司の女性課長のランチをめぐる表題作。ホッコリさせてくれた。こういう小説を書いている人って、実際に働いた経験もあるのだろうけど、結構苦労したことがあるんだろうね。その苦労とか経験を飲み込んでこういう楽しい小説にしてくれる。もっと早く読みたかった。これで少し熱が下がった気がする。

ランチのアッコちゃん
ランチのアッコちゃん柚木 麻子

双葉社 2013-04-17
売り上げランキング : 15763

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
3時のアッコちゃん あまからカルテット (文春文庫) 終点のあの子 (文春文庫) その手をにぎりたい 昨夜のカレー、明日のパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼロの迎撃

安生 正著『ゼロの迎撃』読了
『土漠の花』を読む前にこの本を読んでいた。こちらも自衛隊がテロと戦う話。
こちらは東京都心で北朝鮮のテロ部隊にマンションを占拠されるという話。
なぜ、北朝鮮が単独でテロを行うかということについては裏に個人的な目的であったり、別の国の深い読みがあったりとあるのだが、そっちよりも実際にテロ攻撃が都内で起きたらということでそれは面白かった。
お役人は過去の事例とか法治国家であるから法律に照らしてとか、自衛隊員の反撃で一般の人に犠牲者が出たらどうするか、個人財産にどこまで配慮しないといけないとか、お役所仕事だねって感じがよく書けている。実際そんな感じなんでしょう。その時が来たらどうするんだろう。自衛隊は当然そういったことも研究しているはず。していなかったら悲しくなる。
でもやっぱり70年戦争に巻き込まれていない国なんだから、平和ぼけしている。本当にテロ攻撃されたらどうなっちゃうんだろう。イスラム国がテロとして日本向けの飛行機のハイジャックなんかしたらどうするんだろうね。いや、明日東京で爆弾騒ぎがあったっておかしくない。怖い時代に生きているんだ。

ゼロの迎撃 (「このミス」大賞シリーズ)
ゼロの迎撃 (「このミス」大賞シリーズ)安生 正

宝島社 2014-07-10
売り上げランキング : 146708

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
推定脅威 チェイサー91 (祥伝社文庫) 磁極反転 土漠の花 生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土漠の花

月村 了衛著『土漠の花』読了
話題となっている小説だということで期待を持って読み始めたが、期待通りかそれ以上。今年の自分のベストテンに必ず入る内容だった。
ソマリアに海賊対策の後方支援で派遣されている自衛隊が舞台。アメリカ軍のヘリコプターが墜落したということでその調査に部隊が派遣される。そこで部族争いから逃れてきた女性を保護する。女性を殺害しようとする部族と女性を守ることとなった自衛隊員。いきなり隊員と隊長が殺される場面から始まり、ひたすら逃げながら、部隊の拠点まで移動することになる。途中は本当に戦争の場面。そこで自衛隊員は戦闘を行わなければならなくなるのだ。人を撃ったことのない隊員が自分と味方を守るためにしてを殺さねければならない場面が来る。
戦後70年、戦争というものに関わったことのない自衛隊員は戦争ができるのか。人を殺せるのか。相手も殺しに来ているので、究極の自己防衛だが、守っているだけでは殺されるだけだ。だから、先制攻撃だってやらなければならない。どこまでが防衛行為かなんて無駄な議論だ。世界にはそういった場所がいっぱいある。自衛隊をそういった場所に派遣するということはそこで守るために人殺しを行えってことだ。それはそこに行ったからってことにとどまらない。やられたらやり返されるのが世の中の道理だ。だから、テロとの闘いにまるまる巻き込まれてしまっている時代に生きているということ。
そういったことを思い起こしてくれた。
物語は非常にスピーディーに展開するため、一気に読めてしまう。話もうまいし、展開もいい。
良い小説を読んだ。そして考えさせられる。

土漠の花
土漠の花月村 了衛

幻冬舎 2014-09-18
売り上げランキング : 1088

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
慟哭の海峡 その女アレックス (文春文庫) 機龍警察(ハヤカワ文庫JA) 満願 機龍警察 火宅 (ハヤカワ・ミステリワールド)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慶應本科と折口信夫 いとま申して2

北村 薫著『慶應本科と折口信夫 いとま申して2』読了できず
私小説なんだけど。三部作の2番めだとか。
著者のミステリーには全面的に支持なんだけど、このシリーズはちょっとだめ。私に合わない。しかも、この時代にもあまり興味が無い。途中挫折で脱落。もう少し後になってから読むかもしれないな。

慶應本科と折口信夫 いとま申して2
慶應本科と折口信夫 いとま申して2北村 薫

文藝春秋 2014-11-22
売り上げランキング : 68234

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いとま申して 『童話』の人びと (文春文庫) 折口信夫 図書館奇譚 トオリヌケ キンシ 吹雪の山荘 (リレーミステリ) (創元推理文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異次元の館の殺人

芦辺 拓著『異次元の館の殺人』読了
密室殺人の謎解きに並行世界にスリップする現象が加わり、犯人探しが混迷する。一つの密室殺人で何回も解決編が書かれる感じ。
表紙はシュレディンガーの猫を描いている。量子物理学におけるパラドックスの一つだ。これを使って並行世界の間をスリップする。スリップするたびに関係者の氏名が微妙に変わるのは愛嬌だが、犯行現場も微妙にかわり、隠し扉があったりなかったりする。そのたびに解決編が変わり、実は真犯人は別にいた。
SFとミステリーを組み合わせる手法は結構面白かった。

異次元の館の殺人
異次元の館の殺人芦辺 拓

光文社 2014-08-19
売り上げランキング : 33004

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
黒龍荘の惨劇 2015本格ミステリベスト10 ○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス) 金田一耕助VS明智小五郎 ふたたび (角川文庫) さよなら神様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後妻業

黒川 博行著『後妻業』読了
よく出来た落語を聞くような感じ。立川談志の芝浜を何度も聞きたくなるような。
そんなよく出来た話だ。後妻業とはよく名づけたものだ。高齢化社会なんで妻に先立たれた老人に擦り寄って後妻として入り遺産をぶんどるなんてなかなかできない。古き好き日本では簡単に人をだますなんてことはあまり表に出てこなかったが、最近ではオレオレ詐欺に代表されるような人の良心につけ込んで金をだまし取ることが普通に行われている。信じられるものは少なくなったということか。
親戚に若くして認知症となったものがいるが、その財産たるやすごいものがある。この人が結婚願望を持っているので、もしその筋の人と接点を持ったらすぐに全財産を持っていかれるのではないかとかみさんと話している。なかなか暮らしにくい世の中になったものだ。
この小説はあくまでもフィクションなのだけど、その後同じような手口で老人と結婚して財産を奪う手口の犯罪が発覚している。やっぱり事実は小説より奇なりだ。
本当に面白い小説で1日位で一気に読んでしまった。著者には申し訳ないが次作を早く出してもらいたいものだ。

後妻業
後妻業黒川 博行

文藝春秋 2014-08-29
売り上げランキング : 1986

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
疫病神 (新潮文庫) 文福茶釜 (文春文庫) 暗礁〈下〉 (幻冬舎文庫) 暗礁〈上〉 (幻冬舎文庫) 国境 下 (文春文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その手をにぎりたい

柚木 麻子著『その手をにぎりたい』読了
たまたま手にした本だったが、予想外に面白かった。じっくり味わって読めた作品。
舞台はバブル期の前後の東京。とあるお寿司屋に上司に連れられて行ったことから、はまってしまった主人公のOLが一話ごと出世して、そのたびごとにお寿司屋に出かける。それが連作となった短篇集。
お寿司屋で知り合いとなった老人に立ち退きの交渉に行くなど、バブル期にはあったなぁと懐かしく思う。また、土地や物件を右から左に動かすだけで儲かった時代をうまく表現している。
お寿司屋が回転寿司に押されて、寿司というものは昔からの寿司とも言えないようなものと高級すぎてちょくちょくは行けない店に二極分化されてしまった。おそらく、この物語に出てくるようなお寿司屋に行けばカウンターの中の板前さんと会話をしながら、美味しいお寿司を摘むなんてことができるのだろうけど、庶民には高嶺の花になってしまったかな。
ちなみに甥っ子がひとり寿司屋で修行中なので、今度握ってもらおうかな。
そんな気分にさせられた小説だった。さわやかな読後感。

その手をにぎりたい
その手をにぎりたい柚木 麻子

小学館 2014-01-24
売り上げランキング : 240493

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~) 本屋さんのダイアナ 伊藤くん  A to E 私にふさわしいホテル 3時のアッコちゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オービタル・クラウド

藤井太洋著『オービタル・クラウド』読了
久しぶりに日本人作家によるハードSFを読んだ。
舞台は2020年の地球。宇宙を舞台とした開発競争に民間が参入し、宇宙空間にホテルを作るなんてことをやっている。そこがテロの舞台となる。
題名のオービタルクラウドは軌道上の雲という意味だ。実は読む前はクラウドをIT基盤の方を予想していて、宇宙空間にAWSみたいなものを作ってそこで事件が起きるのかと思っていたが、まさに物理的に宇宙開発の話だった。
しかし、よく書けている。事実と空想がなかなかわからないくらいしっかり考証もされているのだろう。いろいろな事象を盛り込んでまさに今そこで起きているかのような臨場感があった。
最後はめでたしめでたしで終わるのだが、なかなか宇宙空間の開発も大変なんだと思った。人間の欲望はとどまるところを知らないから、そのうちに人工衛星の軌道上にホテルを作る人が出てくるかもしれない。
私が生きている間には、宇宙への旅はもっとポピュラーになっているかしら。

オービタル・クラウド
オービタル・クラウド藤井太洋

早川書房 2014-02-21
売り上げランキング : 199049

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
機龍警察 火宅 (ハヤカワ・ミステリワールド) Gene Mapper -full build- (ハヤカワ文庫JA) 天冥の標VIII  ジャイアント・アーク PART2 (ハヤカワ文庫JA) 機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ・ミステリワールド) 災厄の町〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いとま申して 『童話』の人びと

北村 薫著『いとま申して 『童話』の人びと』読了
珍しくミステリーではない。
父親の日記をベースとした、昭和初期の童話作家たちの営みを丁寧に書いた小説。
面白いかというとちょっと疑問。私小説的。丹念に資料にあたっているところからこの時代をしっかり描き出しているところはすごい。作者の描写力には感服するところがある。
続きがあるということなので、そちらにも期待。

いとま申して 『童話』の人びと (文春文庫)
いとま申して 『童話』の人びと (文春文庫)北村 薫

文藝春秋 2013-08-06
売り上げランキング : 99482

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
飲めば都 (新潮文庫) 慶應本科と折口信夫 いとま申して2 ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫) 9の扉 (角川文庫) 元気でいてよ、R2‐D2。 (集英社文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »