« 武蔵野アンダーワールド・セブン―多重迷宮― | トップページ | いとま申して 『童話』の人びと »

天啓の殺意

中町 信著『天啓の殺意』読了
リバイバルものの第三弾?
これが何年も前に書かれたなんて思えないほど、生き生きした描写。これをリアルタイムで読みたかった。叙述ものミステリーとしてしっかりできている。途中までは著者にすっかり騙されていたが、意外な人物が犯人で面白かった。
あらすじとしてはこんな感じだ。殺人事件が描かれた小説を書いた後に作家が失踪し、自殺がほのめかされる。その小説と同じ事件があり、その犯人が捕まっていないことから、作家が小説という形で殺人事件を取り上げ、問題編のみを書いた後に失踪してしまった。実際には解答編も書かれえいるのではないか。周りの人間がその殺人事件をもう一度調べていくが、更に何人かの関係者が殺される。小説があらわした犯人は本当に犯人なのか。本当の犯人とはだれか。
残念ながら著者はお亡くなりになっているが、リバイバルものをもう少し読んでいきたい。

天啓の殺意 (創元推理文庫)
天啓の殺意 (創元推理文庫)中町 信

東京創元社 2005-04-25
売り上げランキング : 66287

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
空白の殺意 (創元推理文庫) 三幕の殺意 (創元推理文庫) 模倣の殺意 (創元推理文庫) 追憶の殺意 (創元推理文庫) 暗闇の殺意 (光文社文庫)

|

« 武蔵野アンダーワールド・セブン―多重迷宮― | トップページ | いとま申して 『童話』の人びと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/60873054

この記事へのトラックバック一覧です: 天啓の殺意:

« 武蔵野アンダーワールド・セブン―多重迷宮― | トップページ | いとま申して 『童話』の人びと »