« 冬空トランス | トップページ | 数学ガールの秘密ノート/丸い三角関数 »

胡蝶殺し

近藤 史恵著『胡蝶殺し』読了
歌舞伎の役者のお話。
さる名門の役者が若くして亡くなり、その息子が主人公の歌舞伎役者に預けられる。主人公にも同年代の息子がおり、競って舞台にたつことになるが・・・。
預けられた子供は若くして聡明で、すでに舞台にもたっており、順調に育てば父親の名跡を継げる。そのためにも修行をしなければならないが、父親が若くしてなくなったために後ろ盾をなくしてしまうこととなる。そんな中おたふくかぜにかかり耳に鳥害が出てしまう。
結局役者を諦めてしまうのだが、その理由には意外なわけがあった。
ちゃんとミステリーの要素を入れつつ、歌舞伎役者の日常をうまく使って話を展開してくれて非常に面白かった。この主人公の役者さんを使ってミステリーのシリーズなんかどうだろう。

胡蝶殺し
胡蝶殺し近藤 史恵

小学館 2014-06-20
売り上げランキング : 67537

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
昨日のまこと、今日のうそ 髪結い伊三次捕物余話 キャロリング 荒神 老いの入舞い 麹町常楽庵月並の記 四人組がいた。

|

« 冬空トランス | トップページ | 数学ガールの秘密ノート/丸い三角関数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/60590322

この記事へのトラックバック一覧です: 胡蝶殺し:

« 冬空トランス | トップページ | 数学ガールの秘密ノート/丸い三角関数 »