« リカ | トップページ | 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 »

リターン

五十嵐 貴久著『リターン』読了
『リカ』の続編だ。ホラーの感じは十分にある。
放置されたスーツケースから男の死体が見つかるところから始まる。その死体には手足や耳などがなかったが、死後切られたものではなく、切り落とされてから10年以上経過していたことがわかる。前の事件の後、犯人が男を活かしていたことがわかった。
前のストーカー事件の犯人は生きていた。生きていただけでなく、被害者の男の手足などを切り落とした状態で世話をしていた。死因は食べ物を喉に詰まらせた窒息死だった。そうやって生かされてきた男はどうやって生きてきたのか。
主人公の女捜査官が犯人を追うが、逆に捕まって監禁され、またも人体切断の餌食になりそうになる。ちょっと読むのが辛くなるね。本当にホラーだわ。
結局犯人は友人の女捜査官に12発もの銃弾を打ち込まれて死んで事件は終りとなる。
でも、最後に怖い場面があるんだ。いやー怖い。
10年ぶりに続編を書いた著者の気持ちを知りたいね。執念なんだろうか。さすがに怖いホラー小説だった。

リターン
リターン五十嵐 貴久

幻冬舎 2013-06-27
売り上げランキング : 54794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
リカ (幻冬舎文庫) 黒い羽 (光文社文庫) 交渉人・爆弾魔 (幻冬舎文庫) 交渉人・籠城 (幻冬舎文庫) 交渉人 (幻冬舎文庫)

|

« リカ | トップページ | 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/60473449

この記事へのトラックバック一覧です: リターン:

« リカ | トップページ | 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 »