« ガレキノシタ | トップページ | 御子を抱く »

ロング・グッドバイ

レイモンド・チャンドラー著『ロング・グッドバイ』読了
名著。一度途中まで読んだのだけど、途中で挫折してしまい、再度しっかり読んでみた。
翻訳を村上春樹氏が行っていることもあって読みやすい。
話の内容としてはすでにいろいろなところで出ているので、あえて書かないが、この小説または翻訳物を読んだ日本の作家が、同じようなテイストで書かれている。確かに日本特有なことも多いので、本家のこの小説と比べるのは難しいが、最初に探偵ものを出した本家本物といっていい小説の素晴らしいところはいっぱいある。
日本では探偵がこの小説のような探偵として生きていけるようなこともなかっただろうから、どんどん薄暗い小説になっていってしまったように感じるが、現代ならまた違う感覚もある。今読むのなんとなく納得してしまうのは時代がたってアメリカ的になってきたということか。
いやー、やっぱり名著。今回、しっかり読みなおしてよかった。

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)
ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)レイモンド・チャンドラー 村上 春樹

早川書房 2010-09-09
売り上げランキング : 4703

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
さよなら、愛しい人 (ハヤカワ・ミステリ文庫) リトル・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫) 大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫) グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー) ロング・グッドバイ〔東京篇〕 (ハヤカワ文庫 JA ツ 3-1)

|

« ガレキノシタ | トップページ | 御子を抱く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/60308951

この記事へのトラックバック一覧です: ロング・グッドバイ:

« ガレキノシタ | トップページ | 御子を抱く »