« ロング・グッドバイ | トップページ | 生存者ゼロ »

御子を抱く

石持 浅海著『御子を抱く』読了
ミステリーのジャンルに入るのだろう。
冒頭から奥歯に物が挟まった感じで語られるが、そこをあえて書かずに、うまくまとめていると思う。
新興宗教ではないが、一人の優秀なサラリーマン管理職がなくなり、そのカリスマ的な管理職に関わった人たちみんなが、その人をある意味信仰してしまい、そのグループができている。一周忌を行うということで、その取りまとめをしている最中からグループの中の対立が生じ、そんな中で交通事故でグループの長老的な人がなくなる。これによってグループ内の均衡が崩れ、最後には殺人事件も起きる。
その中で途中で出てくる御子の存在。それはカリスマの一人息子なのだが、事故があったことによって冷凍睡眠装置に入れられている。この御子をどうやって自分たちに引きこむか、駆け引きと殺人が起きる。
新興宗教としなかったところが面白い。実態は新興宗教みたいなものなのだが。そこにシンボルがあり、三種の神器みたいなもの。それを誰が持つかでグループ内の覇権争いが起きる。面白いシチュエーションだ。それを非常に面白く書いている。
このミス上位間違いなし。

御子を抱く
御子を抱く石持 浅海

河出書房新社 2014-07-14
売り上げランキング : 119618

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
相互確証破壊 さよなら神様 二歩前を歩く ナイト&シャドウ 蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係

|

« ロング・グッドバイ | トップページ | 生存者ゼロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/60308996

この記事へのトラックバック一覧です: 御子を抱く:

« ロング・グッドバイ | トップページ | 生存者ゼロ »