« グランドマンション | トップページ | 犬の力 »

化合

今野 敏著『化合』読了
たまたま手にとった本。著者の警察ものは失敗がない。
殺人事件が起き、捜査本部ができる。操作の方針は上の方で決まるが、その方針が間違っていると思われた時にどうするか。命令に従わなければならないのは当然だが、そのまま従っていると別人が犯人として逮捕されてしまう。一度逮捕されたら自白を強要され、大体がそのまま犯人にされてしまう。怖いことだが、実際にそうやって冤罪は発生している。
事実は一つなのだが、すべてが明確となるわけではないから、その中で本当の真実は何かを探らなくてはいけない。そういう意味では優秀な指揮官のもとで捜査が行われないと間違った結論が導かれて、別人が犯人にされたり、真犯人が捕まらないことが起きるってことだ。仕事も同じだけどね。

化合
化合今野 敏

講談社 2011-07-08
売り上げランキング : 210902

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
欠落 確証 転迷―隠蔽捜査〈4〉 ヘッドライン 警視庁FC

|

« グランドマンション | トップページ | 犬の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/60151049

この記事へのトラックバック一覧です: 化合:

« グランドマンション | トップページ | 犬の力 »