« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

KAMIKAKUSHI 神隠し

長野慶太著『KAMIKAKUSHI 神隠し』読了
たまたま題名に惹かれて手にとった。話し的には面白かったが、いまいちかな。
ロサンゼルス国際空港で一人の少年が行方不明となった。果たして少年はどこに行ったのか。誘拐されたのか。ちなみにボディーチェックを通過したあとなので、そう簡単にはどこかに行けるはずの無いシチュエーション。なかなか状況的には面白い。
日本とアメリカでは常識が違い事があるのだが、先日読んだ話の中で、アメリカでは誘拐は日常茶飯事だとか。スーパーで買物をしている最中に子供がいなくなり、あわてて係りの者に話したら、即座にそのスーパーが閉鎖されて、出入り禁止となり、警察がやってきて一人ひとりを確認して出していくような事態になったとか。子供の方はちょっと別のところで遊んでいたらしいが、そういう状況で誘拐とかが普通にあるのだと言っていた。日本では考えられない。
さて、この話、題材とか内容は悪くないのだけど、話にスピード感がない。子供がいなくなって、時間が経つのに大騒ぎになるわけでもない感じがある。神かくしにあったかのような状況で、親は空港の監督責任を巡って裁判を起こす。これも日本の感覚からするとおかしい。まあ、アメリカだからね。
意外な犯人と目的が最後にわかるが、そうだったのかって納得はするものの、そうなんだってちょっとおもった。
この作品、日経の賞を取っているらしい。うーん、どういう選考基準なんだろう。日経の人ってミステリー得意じゃないのかしら。

KAMIKAKUSHI 神隠し
KAMIKAKUSHI   神隠し長野慶太

日本経済新聞出版社 2013-02-21
売り上げランキング : 325432

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スコールの夜 使者と果実 野いばら テムズのあぶく 松林図屏風 (日経ビジネス人文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかさま師

柳原 慧著『いかさま師』読了
このミス大賞をとった著者の作品。
この作品は女性の主人公が、自身に知り合いの祖父が画家で、その絵を遺言書で受け取り事になり、そのことで事件に巻き込まれる。
ちょっと話を無理に混ぜ返しているところはあるし、人間関係を無理に複雑にしているので、ちょっとそこでの理解が難しくなっているところはあるが、有名な画家の作品の贋作などを絡めて面白いミステリーにしている。
元の絵の上に絵を書いて、作品を隠すなんて実際にはやらないだろうけど、その昔何でも鑑定団でもそんな絵が出てきたから、案外目的を持ってそういったことはしていた人がいたのかね。なかなかおもしろいところに目をつけたものだ。(これはネタバレだね。)

いかさま師 (宝島社文庫)
いかさま師 (宝島社文庫)柳原 慧

宝島社 2007-07
売り上げランキング : 341870

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
コーリング 闇からの声 (宝島社文庫 C や 1-3) 時を巡る肖像 (実業之日本社文庫) 山手線探偵 まわる各駅停車と消えたチワワの謎 (ポプラ文庫) 天才たちの値段―美術探偵・神永美有 (文春文庫) ビッグタイム (宝島社文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セブン

乾 くるみ著『セブン』読了
数字のセブンに関連する短篇集。
数学が微妙に絡んでおり、著者の得意なところをうまく書いている。
ちょっと論理的すぎて理解が難しかった話もあるが、読み飛ばしても面白い。話が論理的であるのはいい。破綻しない。
こういった短篇集も出してほしい。次も期待したい。

セブン
セブン乾 くるみ

角川春樹事務所 2014-05-30
売り上げランキング : 20147

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
悟浄出立 本の雑誌375号 マスカレード・イブ (集英社文庫 ひ 15-11) 相互確証破壊 夜は終わらない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダークルーム

近藤 史恵著『ダークルーム』読了
短篇集。あまり脈絡もなくとりあえず集めた感じ。
一つ一つの話はさすがに著者だけあって非常に読み応えがある。もうちょっとふくらめれば長編になると思えるが、このくらいをキリッとまとめるところが著者の技だと思う。
著者のファンのかたなら絶対に読むべき。

ダークルーム (角川文庫)
ダークルーム (角川文庫)近藤 史恵

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-01-25
売り上げランキング : 228639

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
凍える島 (創元推理文庫) モップの精と二匹のアルマジロ (実業之日本社文庫) 天使はモップを持って (文春文庫) モップの魔女は呪文を知ってる (実業之日本社文庫) 賢者はベンチで思索する (文春文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬の力

ドン・ウィンズロウ著『犬の力』読了
ちょっと前のこのミス一位。ずっと積んどくだったものを読みきった。
アメリカとメキシコや南米の麻薬戦争を扱った作品。フィクションだが、非常に面白い。おそらくこんな感じなんだろう。アメリカとしてはメキシコから入ってくる麻薬のルートを断ちたいが、同時に南米諸国の政治的な安定化も必要となる。そのためにはアメリカに有利な勢力に武力の供与を行って勢力の均衡を保ったりしないといけない。
結局ヤクザの抗争と同じで、力をつけていくと抗争が起きる。自分で販売ルートを押さえようとするために、血で血を洗う戦いが起きる。殺し屋が送られ、家族を巻き込んで殺戮が繰り返される。なかなかすごい。アメリカも裏の世界はいろいろあるということだろう。
この作家はこのミスでもいろいろランクインされているので、もう少し読んでみよう。

犬の力 上 (角川文庫)
犬の力 上 (角川文庫)ドン・ウィンズロウ 東江 一紀

角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-08-25
売り上げランキング : 28471

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
犬の力 下 (角川文庫) フランキー・マシーンの冬 上 (角川文庫) フランキー・マシーンの冬 下 (角川文庫) ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫) ストリート・キッズ (創元推理文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化合

今野 敏著『化合』読了
たまたま手にとった本。著者の警察ものは失敗がない。
殺人事件が起き、捜査本部ができる。操作の方針は上の方で決まるが、その方針が間違っていると思われた時にどうするか。命令に従わなければならないのは当然だが、そのまま従っていると別人が犯人として逮捕されてしまう。一度逮捕されたら自白を強要され、大体がそのまま犯人にされてしまう。怖いことだが、実際にそうやって冤罪は発生している。
事実は一つなのだが、すべてが明確となるわけではないから、その中で本当の真実は何かを探らなくてはいけない。そういう意味では優秀な指揮官のもとで捜査が行われないと間違った結論が導かれて、別人が犯人にされたり、真犯人が捕まらないことが起きるってことだ。仕事も同じだけどね。

化合
化合今野 敏

講談社 2011-07-08
売り上げランキング : 210902

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
欠落 確証 転迷―隠蔽捜査〈4〉 ヘッドライン 警視庁FC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グランドマンション

折原 一著『グランドマンション』読了
マンションを舞台とした連作短編ミステリー集。
著者は倒錯ミステリーの第一人者だけど、このミステリーはその系統の感じはない。
マンションに住む住人の隣同士だったり、上下の関係だったり、いろいろあるんだなって。おまけに高齢化してしまって、独居老人とか多くなってしまって、なかなかマンションでは住みにくいのではないだろうか。とはいうものの、年をとってから住居を移すのはなかなか面倒でもあるし。
自分はマンションに住んでいたことはないので、なかなかわからないが、たまにビジネスホテルに泊まったりすると廊下でうるさかったりするといらいらしてしまうが、これが毎日だったらたまらんだろうなと思う。首都圏に住む人なんかは我慢強いよね。あの満員電車とかに毎日乗れちゃうんだから。東京は人間の住むところじゃないね。

グランドマンション
グランドマンション折原 一

光文社 2013-05-18
売り上げランキング : 114872

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
潜伏者 侵入者 自称小説家 芥川症 私に似た人 クラスルーム (講談社文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨床真理

柚月 裕子著『臨床真理』読了
このミス大賞受賞作。
ミステリーとしては良く出来ている。知的障害者の施設で自殺未遂の女性が見つかり、救急車で運ぶ途中で事故が起き、結局なくなってしまう。この自殺は本当に自殺なのか。
臨床心理士がその謎に挑む。
背景には知的障害者の性的虐待がある。施設の管理者が斡旋までして。ちょっと信じたくない背景の中で実際に自殺に見せかけて殺した犯人は誰か。
本当にちょっと考えさせられる。それだけ、現代社会は複雑になっちゃったってことなんだろうか。まあ、この本の内容をそのまま信じなくてもいいのだけど。でもちょっと考えさせられる。

臨床真理 (このミス大賞受賞作)
臨床真理 (このミス大賞受賞作)柚月 裕子

宝島社 2009-01-24
売り上げランキング : 342961

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
最後の証人 (宝島社文庫) 検事の本懐 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 検事の死命 (「このミス」大賞シリーズ) 最後の証人 検事の本懐

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なれる!SE (10) 闘う?社員旅行

夏海 公司著『なれる!SE (10) 闘う?社員旅行』読了
シリーズ10作目。今回は短篇集になっている。
社員旅行がある会社って結構小さいと思うけど、うちの会社も昔あったんだよね。いい思い出ばかりじゃないけど、面白かったね。新人とかはいきなり芸やれって言われたりとかして、大変だったと思う。あと、温泉だったりすると、必ずストリップに行きたい上司とかいるんだよ。付き合いで行くこちらも大変。温泉街にあるストリップなんてたかが知れているじゃない。シラフじゃいけないよ。
まあ、今回はちょっと息抜きの回みたいなものだから。話は面白いけど、ちょっと深さはないか。次に期待。

なれる!SE (10) 闘う?社員旅行 (電撃文庫)
なれる!SE (10) 闘う?社員旅行 (電撃文庫)夏海 公司 Ixy

アスキー・メディアワークス 2013-08-10
売り上げランキング : 143202

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
なれる!SE (11) 絶対?管理職宣言 (電撃文庫) なれる!SE (9) ラクして儲かる?サービス開発 (電撃文庫) なれる!SE (8) 案件防衛?ハンドブック (電撃文庫) なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫) なれる!SE (6) 楽々実践?サイドビジネス (電撃文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なれる!SE (9) ラクして儲かる?サービス開発

夏海 公司著『なれる!SE (9) ラクして儲かる?サービス開発』読了
シリーズ9作目。今回はサービス開発。あるあるって感じ。
SIerならどこもそうなんだけど、開発案件の人月商売では利益の額は限られているから、人月でない商売をやりたくなるのだよね。
それは一昔前だったら、パッケージ開発だし、今ならサービス開発だわ。事前投資したものをたくさん売るから儲かるのだけど、売れなかったら不良在庫を抱えることとなる。これさえわかっていれば大丈夫。良品在庫となるか、不良在庫となるか。
でも、SI会社は普通は個別開発でお客様の不便なところをシステムで解決する手法なんで、いわば注文住宅を建てるようなもの。お客様の希望に従って、なんでもくっつけることができる。片やサービス開発は既成品としての家を作って売る形。いちいちお客様の要望を聞いている訳にはいかない。その分大量生産によって価格は安くなっているのだから。
この違いがわからない経営者が多くて困る。同じシステムなんだから、同じやり方で売れるだろうと思っている人が多い。そんな訳にはいかないのだよ。サービスでお客の要望を聞いてカスタマイズしていたら、どんどんコストが膨らんで、全く儲からないサービスが出来てしまう。サービスだったらなんだって売れるわけではない。
お客も理解していない事が多い。サービスだから安いというのは正しい。それは同じやり方で同じ使い方をしているからだ。大量生産するから安くなるのだ。だから、サービスで顧客の要望が合わない部分があるからといって、無理な要望をされても困る。だってこういうサービスなんだからさ。自分の要望に合わせて欲しいなら個別システムで組んでよ。その分高くなるのはしかたがないじゃん。
今回も参考になった。
日本人はブランドに弱いのだ。導入事例がないシステムは使ってもらえない。誰しも一番目のユーザーにはなりたくないのだ。だいだい、最初のユーザーって問題が出てくるものだから。最近のIT系のニュースメールに付いている広告はだいたい大手企業の名前を使った導入事例ばっかりだ。ちょっとおもしろくなくなってきている。もっとチャレンジしないといけないんじゃないかな。

なれる!SE (9) ラクして儲かる?サービス開発 (電撃文庫)
なれる!SE (9) ラクして儲かる?サービス開発 (電撃文庫)夏海 公司 Ixy

アスキー・メディアワークス 2013-05-10
売り上げランキング : 169568

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
なれる!SE (10) 闘う?社員旅行 (電撃文庫) なれる!SE (11) 絶対?管理職宣言 (電撃文庫) なれる!SE (8) 案件防衛?ハンドブック (電撃文庫) なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫) なれる!SE (6) 楽々実践?サイドビジネス (電撃文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なれる!SE (8) 案件防衛?ハンドブック

夏海 公司著『なれる!SE (8) 案件防衛?ハンドブック』読了
ずっと買ったまま積ん読になっていたが、時間が出来たのでまとめて読んでいる。
シリーズ8作目。今回は顧客防衛戦を描く。
仕事だから競合はたくさんいる。顧客は取ったり取られたり。ずっと付き合える客はそれほど多くない。良好な関係を築き続けるのは難しい。だいだい、継続して仕事をやっているとトラブルはある。トラブルに合って、その時の対処でミスすると余計にお客からの心象は悪くなる。そうなるとなかなか元の信頼感を取り戻すのは難しい。こちらにも言い分はあるのだが、まともにお客に言っても理解されないことも多い。そんなときに新たな案件があると競合相手がでてくることとなる。
全く逆の立場で、別会社の案件をひっくり返そうとなると競合会社の弱みをつくとかいろいろやるからアイコなんだけどね。そんなことをしながら仕事を取ったり取られたり。ふつうのコトなんだよね。
守るのは攻めるよりはるかに難しい。(七人の侍より)

今回も非常に参考になった。

なれる!SE (8) 案件防衛?ハンドブック (電撃文庫)
なれる!SE (8) 案件防衛?ハンドブック (電撃文庫)夏海 公司 Ixy

アスキー・メディアワークス 2012-12-08
売り上げランキング : 183086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
なれる!SE (9) ラクして儲かる?サービス開発 (電撃文庫) なれる!SE (6) 楽々実践?サイドビジネス (電撃文庫) なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫) なれる!SE (10) 闘う?社員旅行 (電撃文庫) なれる!SE (11) 絶対?管理職宣言 (電撃文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーマン予想の探求 ~ABCからZまで~

黒川 信重著『リーマン予想の探求 ~ABCからZまで~』読了
技術評論社の出しているサイエンスシリーズ。少しは簡単に書かれているかと思ったら、全然葉が立たなかった。
そもそもリーマン予想は難しい。素数の出現についての法則性を表しているということだが、最初のところからつまずいてしまう。ゼータ関数が理解できないとだめだろうね。もう少し頭が柔らかい時に読んでいたら理解できたかもしれないけど。
ちょっと学生向けではないな。

リーマン予想の探求 ~ABCからZまで~ (知りたい! サイエンス)
リーマン予想の探求 ~ABCからZまで~ (知りたい! サイエンス)黒川 信重

技術評論社 2012-11-30
売り上げランキング : 139372

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
リーマン予想を解こう ~新ゼータと因数分解からのアプローチ~ (知の扉) 数論への招待 (シュプリンガー数学クラブ) ABC予想入門 (PHPサイエンス・ワールド新書) 21世紀の新しい数学 ~絶対数学、リーマン予想、そしてこれからの数学~ (知の扉) リーマン予想の先へ 深リーマン予想――DRH

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上石神井さよならレボリューション

長沢 樹著『上石神井さよならレボリューション』読了
青春小説。ちょっとミステリー。
主人公は写真部に所属する男子高校生。生物部の女子高校生に頼まれて、野鳥の写真を撮っている。もう一つ、男子高校生の同級生に頼まれてフェチ写真を盗撮している。このあたりの設定がエッセンスとなっている。
この高校生活で出てくるちょっとしたミステリーをこの3人の高校生が解決する話が続く。なかなかそれぞれの話が面白い。ちょっとエッチな要素もあったりするが、高校生ということでまあありかと。ミステリー要素にしてもけっこう面白い。青春モノとしてもいいレベル。
この設定でもう少し話をふくらませる事もできると思うので、今後の展開にも期待。

上石神井さよならレボリューション
上石神井さよならレボリューション長沢 樹

集英社 2013-09-05
売り上げランキング : 445157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
冬空トランス (樋口真由“消失”シリーズ) 夏服パースペクティヴ (樋口真由“消失”シリーズ) リップステイン 卯月の雪のレター・レター マツリカ・マハリタ (単行本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さいごの毛布

近藤 史恵著『さいごの毛布』読了
犬の介護施設みたいなものを運営するところに転がり込んだ主人公の物語。
ペットとしての犬は年々増加しているという統計が出ているらしい。ペットショップで買ってきて飼い始めるもののなかなか飼い続けるのが難しくなり、捨ててしまう例も多いらしい。そうなると老人介護施設のような老犬介護施設も必要かもしれない。そこまでお金を出す飼い主がどれほどいるのかとも思うけど。
この小説、ミステリーというわけでもなく、淡々とこの施設での生活が描かれる。その中で犬にまつわる問題も出てくる。なかなか奥が深い。

さいごの毛布 (単行本)
さいごの毛布 (単行本)近藤 史恵

KADOKAWA/角川書店 2014-03-26
売り上げランキング : 305123

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
胡蝶殺し ホリデー・イン 僕と先生 私に似た人 満願

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »