« 二歩前を歩く | トップページ | 問題物件 »

とっぴんぱらりの風太郎

万城目 学著『とっぴんぱらりの風太郎』読了
時代小説。痛快な内容だった。
時代は豊臣の最終盤、大阪城落城のころ。忍者の修行を途中でやめた主人公がひょんなことで豊臣側の仕事をすることとなる。不思議なひょうたんを拾い、仙人のようなものに導かれる。
最後は落城寸前の大阪城で秀頼を逃がそうとするが…。
話が面白いのと背景が面白いのでグイグイ引きこまれて一気の読めてしまう。結構なボリュームではあるが。

とっぴんぱらりの風太郎
とっぴんぱらりの風太郎万城目 学

文藝春秋 2013-09-28
売り上げランキング : 10634

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
村上海賊の娘 下巻 村上海賊の娘 上巻 ザ・万字固め 聖なる怠け者の冒険 王になろうとした男

|

« 二歩前を歩く | トップページ | 問題物件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/59932016

この記事へのトラックバック一覧です: とっぴんぱらりの風太郎:

« 二歩前を歩く | トップページ | 問題物件 »