« ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時 | トップページ | 近未来ノベル 富士山大噴火 »

三幕の殺意

中町 信著『三幕の殺意』読了
著者の最後の作品となったもの。
もともとは中編の作品で発表してあったものを出版社が掘り起こして長編に書く直してもらったということがあとがきに書かれている。
設定はやや古い。山荘で殺人事件が起きる。被害者は現場にいたほとんどの人から恨まれていた人間。だから誰が犯人であってもおかしくない設定。その中で実際にいつ、だれが殺人を犯したのか。
やや昔風の読者への挑戦編もあり、本格推理小説としてなかなかの出来栄えだと思う。残念ながら、最初に出版された当時はどのような評価だったかわからないが、創元推理文庫が発掘して、この殺意シリーズを刊行している。
今読んでもそれほど古さを感じないし、プロットやミステリーとしての展開も非常にうまい。もう少し書いてもらいたかったが、お亡くなりになられた旨があとがきにある。残念だ。

三幕の殺意 (創元推理文庫)
三幕の殺意 (創元推理文庫)中町 信

東京創元社 2012-05-30
売り上げランキング : 123936

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
空白の殺意 (創元推理文庫) 天啓の殺意 (創元推理文庫) 追憶の殺意 (創元推理文庫) 模倣の殺意 (創元推理文庫) 暗闇の殺意 (光文社文庫)

|

« ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時 | トップページ | 近未来ノベル 富士山大噴火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/59760053

この記事へのトラックバック一覧です: 三幕の殺意:

« ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時 | トップページ | 近未来ノベル 富士山大噴火 »