« 狼の牙を折れ: 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部 | トップページ | 数学ガールの秘密ノート/整数で遊ぼう »

北乃杜高校探偵部

乾 くるみ著『北乃杜高校探偵部』読了
短篇集。
高校の同級生達が探偵部みたいなものを結成し、高校にまつわる謎を解いていく短篇集。
最初の方はミステリーっぽいが、だんだん謎解きはほったらかして青春小説になっていっている。それはそれで面白いが、謎解きはどうなっちゃうのって思った。
冒頭の短編で逍遥歌が出てくる。高校の応援の一つに逍遥歌ってのがあったって思い出した。高校一年の応援練習で歌わされたけど、実際の野球の応援なんかでも、一度歌ったかどうか。すっかり忘れてしまっている。懐かしいといえば懐かしい。
もうすでに、子供も高校を卒業してしまったので、高校というものも縁遠くなってしまった。孫ができて高校に近づくのはいつのことか。

北乃杜高校探偵部 (講談社ノベルス)
北乃杜高校探偵部 (講談社ノベルス)乾 くるみ

講談社 2013-12-05
売り上げランキング : 125965

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
丑三つ時から夜明けまで (光文社文庫) キングを探せ (講談社ノベルス) 五覚堂の殺人 ~Burning Ship~ (講談社ノベルス) 鏡の城の美女 (講談社ノベルス) シュークリーム・パニック ―生チョコレート― (講談社ノベルス)

|

« 狼の牙を折れ: 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部 | トップページ | 数学ガールの秘密ノート/整数で遊ぼう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/59656867

この記事へのトラックバック一覧です: 北乃杜高校探偵部:

« 狼の牙を折れ: 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部 | トップページ | 数学ガールの秘密ノート/整数で遊ぼう »