« 国語、数学、理科、誘拐 | トップページ | 元外務省主任分析官・佐田勇の告白: 小説・北方領土交渉 »

舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵

歌野 晶午著『舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵』読了
前シリーズから3歳年をとった主人公が活躍する短編ミステリー。
14歳だから中学生だ。主人公の家庭はちょっと複雑。母親は亡くなったことにしているが、実は生きていて、とても有名人。父親と二人暮らし。公立の中学に通う主人公と小学生の時に同級生で別の私立中学に通う友達とその周りで起こる謎を解決していく。
それぞれの話がなかなかおもしろい。携帯メールによる暗号とか、外人の英語の先生が急に体重を減らしたのだが、その原因を幽霊騒動でごまかそうとするとか、なかなかありそうな話にしてくれている。
この続きがあるんだよね。今度は17歳。期待できる。

舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵 (カッパ・ノベルス)
舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵 (カッパ・ノベルス)歌野 晶午

光文社 2010-10-20
売り上げランキング : 659316

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵 (光文社文庫) コモリと子守り 魔王城殺人事件 (講談社ノベルス) ブードゥー・チャイルド (角川文庫) 安達ヶ原の鬼密室 (講談社文庫)

|

« 国語、数学、理科、誘拐 | トップページ | 元外務省主任分析官・佐田勇の告白: 小説・北方領土交渉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/59533372

この記事へのトラックバック一覧です: 舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵:

« 国語、数学、理科、誘拐 | トップページ | 元外務省主任分析官・佐田勇の告白: 小説・北方領土交渉 »