« 謎の独立国家ソマリランド | トップページ | シュークリーム・パニック ―Wクリーム― »

二重螺旋の誘拐

喜多 喜久著『二重螺旋の誘拐』読了
誘拐が絡むミステリー。
著者の得意な化学系に行くのかと思って読み出したらそうでもなかった。題名に二重螺旋とでているので、DNAに絡んでいるのかとおもったら、本当に二重らせんのような物語だった。そこに誘拐事件がうまく絡んでいる。時間と場所、登場人物も。そういう意味で非常にうまく絡ませていると思った。
よく出来た話になっていて、非常に面白かった。
最後もハッピーで終わって、読後感も良かった。

二重螺旋の誘拐 (『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ)
二重螺旋の誘拐 (『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ)喜多 喜久

宝島社 2013-11-11
売り上げランキング : 126306

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
恋する創薬研究室 片思い、ウイルス、ときどき密室 (単行本) 化学探偵Mr.キュリー (中公文庫) 追憶の夜想曲 一千兆円の身代金 リプレイ2.14 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

|

« 謎の独立国家ソマリランド | トップページ | シュークリーム・パニック ―Wクリーム― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/59163916

この記事へのトラックバック一覧です: 二重螺旋の誘拐:

« 謎の独立国家ソマリランド | トップページ | シュークリーム・パニック ―Wクリーム― »