« アリス殺し | トップページ | わたしたちが少女と呼ばれていた頃 »

盤上の夜

宮内 悠介著『盤上の夜』読了
将棋、囲碁、チェッカーゲーム、麻雀などを取り上げて、SFを描く短編集。
チェッカーゲームがコンピュータで解析されて、両者が最適な手を打つと引き分けになることが証明されているとは知らなかった。そのほか、将棋は難しすぎる。麻雀は偶然と相手の動きによって結果が全く変わってしまう性格らしい。
いずれも深くやっていないのでさわりしかわからないが、SFの雰囲気の中で面白い短編集だった。

盤上の夜 (創元日本SF叢書)
盤上の夜 (創元日本SF叢書)宮内 悠介

東京創元社 2012-03-22
売り上げランキング : 31670

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) あがり (創元日本SF叢書) 深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション) 機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド) 深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

|

« アリス殺し | トップページ | わたしたちが少女と呼ばれていた頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/58938790

この記事へのトラックバック一覧です: 盤上の夜:

« アリス殺し | トップページ | わたしたちが少女と呼ばれていた頃 »