« わたしたちが少女と呼ばれていた頃 | トップページ | リバーサイド・チルドレン »

名もなき人たちのテーブル

マイケル・オンダーチェ著『名もなき人たちのテーブル』読了
どこかの書評で絶賛されていたので読んだ。
ちょっと期待はずれだった。
インドからイギリスまでまだ子供の主人公が一人で船で旅をする間におきる出来事を書いているのだが、まさに純文学って感じでもっと冒険的な話があるのかと思ったけどそうでもなく、淡々とそこで出会った人たちや同年代の仲間たちとの思い出の話になっていて、この本の良さがわからなかった。
私には合わなかったって話。

名もなき人たちのテーブル
名もなき人たちのテーブルマイケル・オンダーチェ 田栗 美奈子

作品社 2013-08-27
売り上げランキング : 108879

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
愛国・革命・民主:日本史から世界を考える (筑摩選書) 社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書) 連続講義・デフレと経済政策 アベノミクスの経済分析 若き日の哀しみ (創元ライブラリ) アズミ・ハルコは行方不明

|

« わたしたちが少女と呼ばれていた頃 | トップページ | リバーサイド・チルドレン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/58971380

この記事へのトラックバック一覧です: 名もなき人たちのテーブル:

« わたしたちが少女と呼ばれていた頃 | トップページ | リバーサイド・チルドレン »