« 盤上の夜 | トップページ | 名もなき人たちのテーブル »

わたしたちが少女と呼ばれていた頃

石持 浅海著『わたしたちが少女と呼ばれていた頃』読了
著者のシリーズの中で碓氷優佳シリーズというものがあって、その主人公優佳さんの高校生時代を描いた連作短編集が本作。非常に面白かった。
中高一貫の女子高校に高校から入ってきた主人公が入学するところから始まる。学校にまつわるちょっとした謎を主人公と周りの女子生徒が明らかにしていく様子は面白い。
この本だけ読んで、青春ものとしてもおもしろい。女子校特有のところもあるし、高校生だからというところもある。理詰めで謎を解いていくところは著者の最も得意とするところ。非常にわかりやすく、おもしろい。残念ながら、卒業でこの本は終わってしまっているので、続きようも無いがこういった青春小説もいいんじゃないかと思った。

わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (碓氷優佳シリーズ)
わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (碓氷優佳シリーズ)石持 浅海

祥伝社 2013-05-16
売り上げランキング : 70434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
三階に止まる 彼女が追ってくる (碓氷優佳シリーズ) 届け物はまだ手の中に カード・ウォッチャー この国。 (光文社文庫)

|

« 盤上の夜 | トップページ | 名もなき人たちのテーブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/58971352

この記事へのトラックバック一覧です: わたしたちが少女と呼ばれていた頃:

« 盤上の夜 | トップページ | 名もなき人たちのテーブル »