« ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔 | トップページ | 七色の毒 »

消えた少年たち

オースン・スコット カード著『消えた少年たち』読了
どこかの書評にでていたので読んだ。いちおうSF小説。ミステリーの要素もある。
主人公はコンピューターゲームのプログラマー。ちょっと時代がさかのぼる。IBM−PCが出てくる頃のゲームのプログラマーだ。
一つゲームを作って当てたのだが、次が続かず、新しい職を求めて南部の都市に引っ越した。この引っ越しと新しい職場での話がずっと続くので、題名となった消えた少年はどこで出てくるのかというと、後半の後半くらい。
近くで行方不明となっている少年が何人かいるのだが、主人公の息子がその子供たちと遊んでいると父親に言う。しかし、大人にはその少年たちは見えない。
モルモン教の作法も話題となってくるが、消えた少年たちは実は意外なところにいて、それがクリスマスの夜に現れる。悲しい結末も待っているのだが。
長い話で、もうすこしコンパクトにできるような気もするが、この当時の世相もうまく入れ込んでいて、長い話の割にはスラスラ読めた。

消えた少年たち〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)
消えた少年たち〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)オースン・スコット カード 小尾 芙佐

早川書房 2003-08-08
売り上げランキング : 88806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
夏への扉[新訳版] ソングマスター (ハヤカワ文庫 SF 550) 豚の死なない日 (白水Uブックス―海外小説の誘惑) クリスマスに少女は還る (創元推理文庫) アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)

|

« ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔 | トップページ | 七色の毒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/58513284

この記事へのトラックバック一覧です: 消えた少年たち:

« ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔 | トップページ | 七色の毒 »