« 空飛ぶタイヤ | トップページ | 消えた少年たち »

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔

三上 延著『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔』読了
シリーズ第四作。今回は江戸川乱歩のコレクションをめぐる話。
今回は長編でいろいろ展開も出てきた。主人公たちは今後つきあいだすのだろうし、行方不明だった母親も現れたし、一段落という感じもあるけど、あとがきを見るとこの後後半に突入するということで、まだまだこのシリーズ続くのだろうね。
古書のコレクションをモチーフにしているので、なかなか題材を引っ張ってくるのは難しいのではないかと思う。今回も江戸川乱歩の著作を細かく出しており、著者の引き出しの多さを感じる。でも、次々と出していくと厳しくなってくる。
さて、次はどんな本をモチーフにするのだろう。

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)三上 延

アスキー・メディアワークス 2013-02-22
売り上げランキング : 1270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) 栞子さんの本棚  ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫) 珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)

|

« 空飛ぶタイヤ | トップページ | 消えた少年たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/58511230

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔:

« 空飛ぶタイヤ | トップページ | 消えた少年たち »