« 欠落 | トップページ | 曙光の街 »

極貧!セブンティーン

黒野 伸一著『極貧!セブンティーン』読了
著者の別の本を借りようとして、横にあったこの本を手に取り、イラストが素敵だったので読んだ。
案外秀逸。
主人公は精神科の女医。患者からせがまれて自分の17歳の出来事を語り始める。
入った高校が自分のレベルと合わず、また、父親が派遣切りにあって蒸発し、一気に家計が苦しくなる。残された母親は仕事をやっていくには文句が多い。妹は能天気。自分がバイトで家計を助けようとスルガ、ストーカーのような男子高校生があらわれるわ、バイト先の店長が色目使ってくるわで自分も家出してしまう。
幼なじみと一緒に東京に出てくるが、幼なじみは派遣の仕事で苦しい。そのうちに派遣の仕事もなくなり、ぎりぎりの生活となる。そこから周りに助けられて、高卒認定をとり、大学まで行って精神科医になる。
なかなか若いのに波瀾万丈な生き方だ。もちろんフィクションではあるが、今のこの日本で起きている状況をベースとしていて、現実感はありありだ。なかなか若い人が暮らしていくのは大変になっちゃっている。

非常に面白い小説だったが、残念なのはタイトルだ。もう少しましなタイトルを付けたら、いろんな人に目に留まって、もう少し売れると思うのだが。

極貧!セブンティーン
極貧!セブンティーン黒野 伸一

理論社 2012-05-16
売り上げランキング : 166038

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
白雪堂化粧品マーケティング部峰村幸子の仕事と恋 (角川文庫) 限界集落株式会社 片桐酒店の副業 幸せまねき (小学館文庫) ア・ハッピーファミリー

|

« 欠落 | トップページ | 曙光の街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/58150927

この記事へのトラックバック一覧です: 極貧!セブンティーン:

« 欠落 | トップページ | 曙光の街 »