« 幻坂 | トップページ | 極貧!セブンティーン »

欠落

今野 敏著『欠落』読了
『同期』のシリーズの第二弾。
警視庁の刑事同期の3人の物語。
一人は公安に行き、懲戒免職で刑事をやめたことになっている。実は事情があってやめたことにしているだけで、警察の仕事はしている。
もう一人の女性刑事は警視庁本部に戻ってきた。その後、立てこもり事件が起き、身代わりで犯人と一緒に逃走させられることになる。平行して主人公には女性の殺人事件が起きる。身元がなかなか判明しないなど、不可解なことが多い。
実はこの立てこもりと女性殺人事件は裏でつながりがあり、公安が暗躍している。
真相を突き止めるべく、主人公が捜査本部を飛び出していく。

なかなかスリリングな展開で、文章もいいのか一気に読んでしまった。物語の展開もスムーズだし、主人公の考えや動きに破綻がない。非常に良く出来ていると思う。同期の3人を含む刑事仲間の人物描写も非常に生き生きとしていて臨場感もあった。久しぶりにすばらしい読後感に浸れた。

欠落
欠落今野 敏

講談社 2013-01-09
売り上げランキング : 22142

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
クローズアップ (3) スクープ 宰領: 隠蔽捜査5 晩夏―東京湾臨海署安積班 アクティブメジャーズ 人質

|

« 幻坂 | トップページ | 極貧!セブンティーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/58115435

この記事へのトラックバック一覧です: 欠落:

« 幻坂 | トップページ | 極貧!セブンティーン »