« なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日 | トップページ | ニュータウンは黄昏れて »

静おばあちゃんにおまかせ

中山 七里著『静おばあちゃんにおまかせ』読了
大学生とそのおばあちゃんが謎を解く連作短編ミステリー。
警視庁の刑事が素人の女子大学生とそのおばあちゃんに事件の解決をお願いするなんてちょっとありえない設定だが、けっこうおもしろく読めた。
話がスムーズに展開するのは著者の技だと思うけど、ミステリーとしても十分面白い内容だ。
残念ながら、最後のところでこの短編集を終わらせてしまう展開となっているけど、できれば続けてほしいものだ。長編でちょっとだけ復活とかあったらおもしろいのに。この登場人物たちがけっこう内容が濃いので、続編を作ってもいいと思う。

静おばあちゃんにおまかせ
静おばあちゃんにおまかせ中山 七里

文藝春秋 2012-07-12
売り上げランキング : 130313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いつまでもショパン (『このミス』大賞シリーズ) ヒートアップ 魔女は甦る スタート! 贖罪の奏鳴曲

|

« なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日 | トップページ | ニュータウンは黄昏れて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/57831223

この記事へのトラックバック一覧です: 静おばあちゃんにおまかせ:

« なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日 | トップページ | ニュータウンは黄昏れて »