« 場末の文体論 | トップページ | BSFM14BK »

いつまでもショパン

中山 七里著『いつまでもショパン』読了
シリーズ第三弾。
今回の舞台はポーランド。ショパンコンクールと平行してテロや殺人事件が起きる。シリーズの探偵役はコンテストの参加者として、ここに現れ、最後には犯人を取り押さえる活躍までしてしまう。
途中コンクールの予選の場面とかがでてくるが、残念ながらクラシックにもショパンにも造詣のないわたしでも何となくわかる臨場感を表現していてよかった。
意外な犯人とテロとの関係や途中パキスタンの戦場まで出てくるところはちょっとドラマチックすぎると思ったけど、なかなか流れは良かった。シリーズの前作の登場人物も少し出てきて、つながりもすこしあったし、シリーズのファンにとっても楽しめる作品だったと思う。
これでまた一つ事件を解決して、日本に帰ってくるだろうからシリーズ続けてくださいね。楽しみにしてます。

いつまでもショパン (『このミス』大賞シリーズ)
いつまでもショパン (『このミス』大賞シリーズ)中山 七里

宝島社 2013-01-10
売り上げランキング : 24823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
切り裂きジャックの告白 さよならドビュッシー 前奏曲(プレリュード)~要介護探偵の事件簿 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) おやすみラフマニノフ (宝島社文庫) スタート! 静おばあちゃんにおまかせ

|

« 場末の文体論 | トップページ | BSFM14BK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/57743430

この記事へのトラックバック一覧です: いつまでもショパン:

« 場末の文体論 | トップページ | BSFM14BK »