« 東電OL事件 - DNAが暴いた闇 | トップページ | ブラックボックス »

届け物はまだ手の中に

石持 浅海著『届け物はまだ手の中に』読了
心理戦を書かせたら当代随一。ネタバレになるのであまり書けないが。
殺人犯が幼なじみに生首を届けるという話。殺人の証拠として、そして復讐を成し遂げたという証として。
友人の家では子供の誕生パーティが開かれており、友人は2階にあがったまま、なかなか降りてこない。どうも降りてこない理由があるらしい。果たしてその理由とは。
犯人の立場で語られるこの話は非常におもしろい。現代のコロンボみたいだ。
犯人たちは逃げられるのかな。

届け物はまだ手の中に
届け物はまだ手の中に石持 浅海

光文社 2013-02-16
売り上げランキング : 181332

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
カード・ウォッチャー わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (碓氷優佳シリーズ) フライ・バイ・ワイヤ 煽動者 私の嫌いな探偵

|

« 東電OL事件 - DNAが暴いた闇 | トップページ | ブラックボックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/57478239

この記事へのトラックバック一覧です: 届け物はまだ手の中に:

« 東電OL事件 - DNAが暴いた闇 | トップページ | ブラックボックス »