« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

ブラックボックス

篠田節子著『ブラックボックス』読了
今回は食の安全と農業の崩壊の話。
ハイテク農業工場を造り、無菌の環境で植物に必要な栄養と人工的に作り出した光で光合成をさせて野菜を作る。方法的には工場で野菜を作るものだが、味がイマイチということで食品添加物をいれて味を調節する。
生野菜なのに添加されているという不思議な状況。これを食べた人たちに異常が起きる。そりゃそうだろうね。生じゃないのだから。薬付けの野菜ってことだ。でも実際には似たようなことは行われている。ハウス栽培された野菜だって似たようなもの。少しだけ環境を変えて植物が生育しやすくしたものだから。いまじゃキュウリも一年中スーパーに並んでいる。しかも、形の整っていること。まっすぐなキュウリしかスーパーには並ばない。長さもおんなじ。大丈夫なのかと心配になるね。ストレス感じながら育つんだろうね。だから露地物の味にはかなわない。
自分で野菜も作ってみるとわかる。虫もつくし、水やりを忘れるとちゃんと育たない。でも、おいしいね。露地物の枝豆の採り立てを塩ゆでにしたものなんざ、絶品だわ。冷凍物なんて足下にも及ばない。でも、そういうものはなかなか手に入らない。
現代人は変なものを食べているのが現実なんだろうね。だから体もおかしくなるんだよ。でも、仕方がないと言えば仕方がない。そういったものを選んできたんだからね。特に清潔で形の整ってきれいなものが好まれるから、形の整わない曲がったキュウリとか土のついた野菜なんかには手を出さないってことだね。
もう少ししたら、日本人の平均寿命は下がってくると思うよ。年金破綻は起きないんじゃないかな。その頃には年寄りはばたばた死んでいくと思うよ。こんなものばっかり食べているんだからね。

非常に面白いテーマの小説だった。ただ、ちょっと章割りが長くて疲れた。面白いテーマでそれなりに読みやすいんだけど、もう少し工夫してくれるともっとおもしろいと思う。そこだけちょっと減点。

ブラックボックス
ブラックボックス篠田節子

朝日新聞出版 2013-01-04
売り上げランキング : 37809

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハピネス 黙示 血の轍 沈黙の町で 生存者ゼロ (『このミス』大賞シリーズ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

届け物はまだ手の中に

石持 浅海著『届け物はまだ手の中に』読了
心理戦を書かせたら当代随一。ネタバレになるのであまり書けないが。
殺人犯が幼なじみに生首を届けるという話。殺人の証拠として、そして復讐を成し遂げたという証として。
友人の家では子供の誕生パーティが開かれており、友人は2階にあがったまま、なかなか降りてこない。どうも降りてこない理由があるらしい。果たしてその理由とは。
犯人の立場で語られるこの話は非常におもしろい。現代のコロンボみたいだ。
犯人たちは逃げられるのかな。

届け物はまだ手の中に
届け物はまだ手の中に石持 浅海

光文社 2013-02-16
売り上げランキング : 181332

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
カード・ウォッチャー わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (碓氷優佳シリーズ) フライ・バイ・ワイヤ 煽動者 私の嫌いな探偵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東電OL事件 - DNAが暴いた闇

『東電OL事件 - DNAが暴いた闇』読了
この事件を描いたドキュメンタリーは結構あるが、再審が認められたことで新たに書かれたものだ。
最初からこの事件はわからなかった。なんせ、直接の証拠が少なすぎた。それで状況証拠を積み上げてネパール人を犯人にしてしまったのだけれど、結局検察が不利となる証拠を出していなかったということだったんだ。
それが再鑑定して真犯人と思われる男のDNAがみつかり、再審となった。結局無罪となり帰国できたのだが、そのまま無期懲役だったらかわいそうなものだ。15年服役だったかな。無期懲役でもだいたい15年ぐらいで出て来れるらしいけど、ひどい話だね。
真犯人のDNAは保存されているので、もしどこかで真犯人が別の犯罪を起こせば今度は捕まることになるんだろうね。はやくつかまってくれればいいのに。

東電OL事件 - DNAが暴いた闇
東電OL事件 - DNAが暴いた闇読売新聞社会部

中央公論新社 2012-11-08
売り上げランキング : 260500

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
記者たちの関西事件史: 昭和54年~平成22年 東電OL症候群(シンドローム) (新潮文庫) 宅間守 精神鑑定書――精神医療と刑事司法のはざまで ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム 大手出版社が沈黙しつづける盗用・剽窃問題の真相 (宝島NonfictionBooks) 刑事の結界  叩き上げ警部補  島田伸一の事件簿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~

三上 延著『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』読了
シリーズ第三弾。
なかなか話が進まない。でも、面白い。だいぶ謎は解消してきたけど。
最初の話に出てきた『たんぽぽ娘』が気になって、検索してみたらけっこう日本語訳がでていて、おもしろかった。そうしたら復刊されるらしい。やっぱりこの本のおかげかね。
あと、稀覯本が和書でもあることを教えてもらった。宮沢賢治の初版本なんてなかなかお目にかかれないのだね。そういえばハリーポッターの第一巻の初版本が入札で2000万円だったかな。貴重なんだね。
著者もけっこう話を探してくるのが大変だと思うけど、このシリーズは面白いわ。

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)三上 延

アスキー・メディアワークス 2012-06-21
売り上げランキング : 1417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖 (1) (カドカワコミックス・エース) ビブリア古書堂の事件手帖 (2) (カドカワコミックス・エース)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空飛ぶ広報室

有川 浩著『空飛ぶ広報室』読了
図書館に予約を入れて半年くらい待ったかな。ちなみに自分の後にも44人が予約待ちしている。すごいね。
航空自衛隊のパイロットだった主人公が、不運な交通事故をもらってしまってパイロットを不適になってしまい、広報室に移り、そこで某TV局のディレクターとある意味人生をやり直す話。
自衛隊の話を書かせたら当代随一だね。知識もすごいが、丹念に取材もしてしっかり書いている。空自の広報室が舞台なので、ちょっとラブコメは少ないけど、結構人間模様は面白い。
中で書かれているが、自衛隊に対する国民感情を少しでも和らげることは大事かもしれない。軍隊だったら人を殺すために戦闘機に乗るのだろうけど、自衛隊は専守防衛だから、守りに徹するのだ。なかなか厳しい言葉。あと、国民を守るために自分を投げ出す覚悟が出来ているということ。言えないよ。こんな言葉は。
東日本大震災の際に自衛隊が大活躍してくれて非常に助かった印象がある。本当は自衛隊なんてない世の中になれば一番いいのだろうけど、現実には近隣諸国との関係もあるし、北には得体の知れない国も存在する。そんな状況から国民を守ってくれているのだ。非常時にしか活躍しないのだろうけど、それでいいのだ。いつもいつも出てくるようでは困る。
そっと見守ってくれているのがいいのだ。

空飛ぶ広報室
空飛ぶ広報室有川 浩

幻冬舎 2012-07-27
売り上げランキング : 45

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
県庁おもてなし課 (角川文庫) 空の中 (角川文庫) 旅猫リポート 海の底 (角川文庫) ラブコメ今昔 (角川文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狛犬ジョンの軌跡

垣根 涼介著『狛犬ジョンの軌跡』読了
たまたま手に取った。著者の本はほとんど読んでいるので。
題名でわかってしまうのだけど、神社の狛犬が本物の犬になっちゃう話。これだと何のことやらなんだけど、お話自体もなんのことやら。
設定は荒唐無稽なんだけど、それをとりまく情景はきわめてリアルに書かれていて、そのギャップがよくわからない。面白さを作り出そうとしているのかもしれないが、詳細な話と狛犬が犬になっちゃうシチュエーションがよくわからない。
なぜ、狛犬が犬になったかは途中でわかってくるのだけれど、だからなにって。その後どうなるの。主人公たちはどうなっちゃうの。よくわからない。それがいいという人もいるだろうけれど、私にはよくわからなかった。

狛犬ジョンの軌跡
狛犬ジョンの軌跡垣根 涼介

光文社 2012-12-15
売り上げランキング : 65791

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
勝ち逃げの女王: 君たちに明日はない4 人生教習所 噂の女 冬芽の人 沈黙の町で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺は絶対探偵に向いてない

さくら 剛著『俺は絶対探偵に向いてない』読了
本当にたまたま手にした本。表紙のイラストに引かれた程度。
読む順番として探偵の話が続いているが、主人公はニートで派遣で海苔製造会社を首になった後引きこもりとなり、ニートとなるが、一念発起して就活するも合えなく撃沈。とりあえず探偵事務所の面接を受けるとどういうわけか合格となる。
先輩に非常に腕の立つ女性とやくざに近い男性がいて、そのドタバタの中いくつかの事件を解決していく話。
特に面白いということでもないが、本の厚みに対しては読みやすいし肩が凝らない。現代の若者が探偵やるとこんな感じかな。

俺は絶対探偵に向いてない
俺は絶対探偵に向いてないさくら 剛

ワニブックス 2013-02-25
売り上げランキング : 44207

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
感じる科学 (Sanctuary books) ブラック・マネジメント (双葉新書) 東南アジアなんて二度と行くかボケッ!  (幻冬舎文庫) 南米でオーパーツ探してる場合かよ!! 三国志男 (SANCTUARYBOOKS)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵法間(のりま) ごますり事件簿

東 直己著『探偵法間(のりま) ごますり事件簿』読了
著書の探偵シリーズは読んでいるが、こんな短編を書いているとは知らなかった。
どちらかというと息抜きできる探偵さんの短編集。あまり重くならない話。

探偵法間(のりま) ごますり事件簿
探偵法間(のりま) ごますり事件簿東 直己

光文社 2012-07-18
売り上げランキング : 294979

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
古 傷 (光文社文庫) 猫は忘れない (ハヤカワ文庫JA) 義八郎商店街 (双葉文庫) 繚乱 鈴蘭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦後史の正体

孫崎 享著『戦後史の正体』読了
朝日新聞の書評にでていたので。
戦後の日本史をアメリカと日本を軸に整理したもの。もともと高校生でも読める内容ということで、非常に読みやすい。わかりやすい。
太平洋戦争終了からアメリカの統治が始まり、日本は敗戦国としてある意味奴隷のような状況だったはずだが、間接統治をおこなったためにその実態は国民にはよくわからず、後かも独立国の様に思っているが、実態としてはアメリカの最後の州であるのと同じ。要はアメリカの意向に逆らって物事を運ぼうとしても無駄だということ。
だから、沖縄の米軍基地をなくそうなんてできるわけがない。普天間を沖縄の別のところに移すのが精一杯。TPPだってそうだ。結局アメリカのいいような条件でこちらが譲歩するしか無くなる。それが当たり前だし、それに逆らおうとすると消されちゃうんだね。田中角栄しかり、小沢一郎しかり。
敗戦から結構な時間が経っているけれど、負けたことの過去は変わらず、独立国であるかのように振る舞っても限界があるということだわ。
なんか、著者の考えでこのところの政治の動きとかを見てみると不思議な動きに見えていたものが実はちゃんと理由があり、真っ当な方向にしか進んでいないということが見えてくる。面白いもんだ。
まあ、どこまで真実なのかも政治の世界なんか明らかにされないだろうけど、こういった見方も大事なんだと思い知らされた。

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)孫崎 享

創元社 2012-07-24
売り上げランキング : 246

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (「戦後再発見」双書2) アメリカに潰された政治家たち 日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書) 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 (ちくま新書 905) これから世界はどうなるか: 米国衰退と日本 (ちくま新書)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »