« フライ・バイ・ワイヤ | トップページ | 東京難民 »

論理爆弾

有栖川 有栖著『論理爆弾』読了
シリーズ第三弾。
ちょっとこのシリーズは何が主題なのかわからない。まだ序章かもしれないが。
日本が北海道とそれ以外で分割統治されているという別世界の話。当然対立関係にある二つの国で、スパイやらテロやらも起きる。
そんな中で主人公の少女探偵が九州の山の中に母親の失踪の手掛りを探しにいく。ちょうどそのときにテロ騒動があり、トンネルが爆破されて陸の孤島となる。そこで連続殺人事件が起きる。
意外な犯人と意外な動機が明らかとなる。
どうも話の先が見えない。これからこの話はどう展開していくのか。母親を捜し、探偵としての仕事をし、成長していくことがこのお話の主題なのかな。
まあ、次も出たら読んでみるか。

論理爆弾
論理爆弾有栖川 有栖

講談社 2012-12-20
売り上げランキング : 84466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
犯罪ホロスコープII 三人の女神の問題 (カッパ・ノベルス) 江神二郎の洞察 (創元クライム・クラブ) 幻坂 0番目の事件簿 臨床犯罪学者・火村英生の推理 II ロシア紅茶の謎 (角川ビーンズ文庫)

|

« フライ・バイ・ワイヤ | トップページ | 東京難民 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/56901291

この記事へのトラックバック一覧です: 論理爆弾:

« フライ・バイ・ワイヤ | トップページ | 東京難民 »