« なれる! SE7 目からうろこの?客先常駐術 | トップページ | 同期 »

こういう憲法でなければ、横田めぐみさんを守れたかもしれない

安倍首相のお言葉
『こういう憲法でなければ、横田めぐみさんを守れたかもしれない』
どういう意味なんだろう。
そもそもこういう憲法を守ってきたのは自民党でしょ。
横田めぐみさんの事件があった時の政権は自民党でしょ。
事件が発覚した時の政権は自民党でしょ。
だから、”こういう憲法”だからだめだっていうのかしら。
なら、どういう憲法なら守れるのだろう。
北朝鮮に宣戦布告が出来る憲法ならいいとか。
国防軍を持っていれば、事件は起きなかったとか。
ちょっと想像できないなー。
誰か解説してほしい。行間が多すぎて意味することがわからない。
どうすることで私たちが守られるのですか。それによって脅威は増さないのですか。
安倍さんは子供がいないからわからないのかもしれないけど、新しい憲法で息子たちが戦闘しにいかなければならないかもしれないのですよね。
はっきりさせてほしい。

|

« なれる! SE7 目からうろこの?客先常駐術 | トップページ | 同期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/56773007

この記事へのトラックバック一覧です: こういう憲法でなければ、横田めぐみさんを守れたかもしれない:

« なれる! SE7 目からうろこの?客先常駐術 | トップページ | 同期 »