« なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 | トップページ | なれる!SE〈5〉―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア »

トライアングル

新津 きよみ著『トライアングル』読了
インフルエンザで寝込んでいるときに読んだ本その3
たまたま図書館で手に取った本。そのとき既にインフルエンザで熱があったかもしれないが。
なかなかいいミステリーだった。
話は小学校4年生の作文から始まる。二分の一成人式と名付けて、10歳のお祝いとして20歳の自分に宛てて作文を書くエピソードだ。その直後に一人の少女が連れ去られて殺される。残念なことにこの事件は時効を迎える。
場面は変わってそれから20年後。30歳となり同級会を開くことになる。主人公の男性もこの一人。一度医者を志すが、自分の居場所を見つけられず、もう一度勉強をし直しインターポールに就職し、警視庁に研修で派遣されてくる。事件を担当しつつ、昔の事件を追うことになる。
いくつか意外な動きの後で、昔書いた作文の中に犯人を意味する文字があることがわかり、結局は殺人ではなく事故だったことが語られる。
なかなか奥が深く、いろいろな状況が継続してでてきて、楽しめた。ちょっと作られて状況の感はあるが、それであっても面白かった。

トライアングル
トライアングル新津 きよみ

角川グループパブリッシング 2008-09-25
売り上げランキング : 446339

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダブル・イニシャル (角川文庫) わたしはここにいる、と呟く。 (徳間文庫) 再会 (講談社文庫) 指名手配 特別捜査官七倉愛子 (ハルキ文庫) ユアボイス (PHP文芸文庫)

|

« なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 | トップページ | なれる!SE〈5〉―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/56764758

この記事へのトラックバック一覧です: トライアングル:

« なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 | トップページ | なれる!SE〈5〉―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア »