« 吉田拓郎 LIVE 2012 | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 »

重力とは何か

大栗 博司著『重力とは何か』読了
難しかった。
ニュートン力学、アインシュタインの相対論などを順番に解説しながら、現在の最先端の宇宙理論をなるべくわかりやすく説明してくれてはいるものの、難しい。こちらの頭が追いつかない。当然だがこの頭だからね。
著者は1962年生まれだから、私とは一つ違い。世界の最先端の頭脳はちがう。
その昔は講談社ブルーバックスで科学のことを優しく興味を持たせる感じで読ませてくれたが、今は幻冬舎がやってくれているのか。こういった本で中高校生が科学に興味を持ってくれることを期待したい。

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)
重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)大栗 博司

幻冬舎 2012-05-29
売り上げランキング : 1865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書) ヒッグス粒子の謎(祥伝社新書290) 宇宙に外側はあるか (光文社新書) 強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く (幻冬舎新書) どうして時間は「流れる」のか (PHP新書)

|

« 吉田拓郎 LIVE 2012 | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/56630535

この記事へのトラックバック一覧です: 重力とは何か:

« 吉田拓郎 LIVE 2012 | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 »