« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

幸せの条件

誉田 哲也著『幸せの条件』読了
ミステリーではない。農業の話だ。
その昔自分も農産物の余り物または農産物自身をつかってバイオエタノールを作るのが有望ではないかとこのブログにも書いたことがある。実際には糖の分解、発酵のプロセスをコントロールするのが難しくて、実際の収量はそれほどいかないのだろう。でも、カーボンニュートラルを目指すとするなら、考える余地があるとは思っていた。
実際、この小説の冒頭に出てくるが、市場価格との兼ね合いが一番の問題なんだろう。要は、コストがよけいにかかるのだとしたら、誰もやってくれないということだ。米を作るのは比較的簡単なんだろうけど、それでも食用の価格と雑用の価格ははるかに違う。わざわざ雑用の米を作ってくれる人はなかなかいない。唯一あるのは今回の原発事故で食用の米を作れなくなってしまった福島の田んぼでバイオエタノール用の米を作るということかな。いっそのこと国の実験でこうした事業に取り組んでみたらいいのに。
この小説では事務職のOLが急に長野県に行けっていわれて、農家とバイオエタノール用の米を作る交渉をしろっていわれるところから始まる。その後、農業法人に入り込んで、米作りを学んでいくのだが、なかなかその描写が細かくて正確だ。そんななかで、農業や米作りを学び、日本人として東京に住んで企業に勤めて働いてお金を稼ぐのとは別の生き方もあるということを感じていく。
なんか夢を感じさせてくれる小説だわ。ドラマ化されるんじゃないかな。主人公は綾瀬はるかさんあたりで。
この、今の日本でこういったことができていったらすばらしいよね。うまくいけばカーボンニュートラル先進国になれるかもしれないしね。できないかね。

幸せの条件
幸せの条件誉田 哲也

中央公論新社 2012-08-24
売り上げランキング : 63615

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ブルーマーダー あなたが愛した記憶 人質 あなたの本 64(ロクヨン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)

梓崎 優著『叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)』読了
このミスにランクインされるだけはある。ミステリー短編集。
最初の砂漠をいく行商人に同行する中で起きる殺人の動機には感心した。切り口を替えたミステリーが出て来た感じがした。ただ、ほかの短編もやや細かい描写がちょっと難しくしている。このアイデアを使って長編にすれば、もうすこしアイデアも生かせてわかりやすくなるような気もする。
興味があるというので、娘にも読ませることになった。

叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)
叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)梓崎 優

東京創元社 2010-02-24
売り上げランキング : 185725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シューマンの指 (講談社文庫) 写楽 閉じた国の幻 隻眼の少女 午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫) アルバトロスは羽ばたかない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューマンの指

奥泉 光著『シューマンの指』読了
難しかった。
ほぼ全編一人語りで書き進められるミステリー。最後の最後まですっかり著者にだまされた。
途中までクラシックのうんちくが続くところを簡単に読み飛ばせば良かったのかもしれないが、クラシックに興味のない私としてはなかなかスムーズに読むことが出来ず、苦労した。
中盤でやっと殺人事件が語られる。案外あっさり犯人不明で迷宮入りするのがあれって感じで、その後何年か後に関係者で集まって語られる中に真相があると全く思ってしまったが、それすら著者にしてやられた感じ。どうしてくれよう。
途中苦しいかもしれないが、最後のどんでん返しを期待して読むべき小説。
このミスで上位にランクインしただけのことはある。

シューマンの指 (講談社文庫)
シューマンの指 (講談社文庫)奥泉 光

講談社 2012-10-16
売り上げランキング : 14648

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
叫びと祈り (ミステリ・フロンティア) シューマンの指 音楽集 黄色い水着の謎 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活2 さよならドビュッシー (宝島社文庫) おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はぶらし

近藤 史恵著『はぶらし』読了
主人公は30代後半の女性。マンション持ちのワークウーマン。
高校の時のそんなに付き合いのなかった同級生から電話がかかる。
離婚して子供がいるが生活苦で友人宅を転々としている。ついては1週間子供とともに居候させてもらえないかと頼まれる。しかたなく了解するが1週間がそれで終わらず、就職はできず。こちらが仕事を紹介すると、そこは嫌だという。
結局のところ、子供を残して失踪。しかたなく離婚した父親を捜して子供を引き取ってもらう。
表題のはぶらしは居候に入った際にはぶらしを貸してくれといわれて、新品をおろしたが、翌日コンビニで買ったからとその使用済みを返されて、違和感を感じたところから来ているのかな。
まあ、ありそうな話ではなる。離婚して子持ちの女性はなかなか就職もできないし、給料も少ないし、セクハラやパワハラもあるだろうし。でも、実際に友人だからといって手を差し伸べるのもできないだろうね。普通の感覚として、面倒に巻き込まれたくないからね。
なかなか臨場感もあっておもしろい小説だった。登場人物が少なくて、物語に入っていけた。

はぶらし
はぶらし近藤 史恵

幻冬舎 2012-09-27
売り上げランキング : 169762

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ヒートアップ 母性 64(ロクヨン) エール! 1 (実業之日本社文庫) 噂の女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊サッカーマガジン増刊 中山雅史引退記念号

買いました。
ジュビロサポーターの私としては、やっぱり偉大なストライカーだと思いましたよ。
今後なにするのかなー。
タレントになってバラエティに出ても仕方がない気がする。

週刊サッカーマガジン増刊 中山雅史引退記念号 2013年 1/5号 [雑誌]
週刊サッカーマガジン増刊 中山雅史引退記念号 2013年 1/5号 [雑誌]
ベースボール・マガジン社 2012-12-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
サッカーダイジェスト 2012年 12/25号 [雑誌] 週刊サッカーダイジェスト増刊 2012Jリーグ総集編 2013年 1/22号 [雑誌] 報知グラフ 2013年 01月号 [雑誌] サッカーダイジェスト 2012年 10/30号 [雑誌] Jリーグサッカーキング 2012年 11月号 [雑誌]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが教え子、金正日に告ぐ―脱北エリート教授が暴く北朝鮮

金 賢植著『わが教え子、金正日に告ぐ―脱北エリート教授が暴く北朝鮮』読了
この本を翻訳された菅野 朋子さんの本(韓国窃盗ビジネスを追え: 狙われる日本の「国宝」)を探していて、見つけた本。
著者は北朝鮮の大学の教授でロシアに派遣されていた際に韓国側の情報部員から亡命を薦められて、南に渡った人。たぶん、北に残してきた家族は追放されただろう。家族を残して亡命せざるを得なかった状況になってしまったのはある意味不幸だろう。
亡命されたことによって、北朝鮮の状況がわかり、そのひどさは想像を絶する。こんな国に生まれなかったことは良かったと思わなきゃ。
自然に崩壊してくれればいいけど、国家はそう簡単に崩壊はしないだろうし、革命とかが起こるのだとすると大混乱になって、その影響は周辺国に出るだろうね。自分が生きているうちにそういったことは起きるのだろうか。そのとき、日本の自衛隊だか国防軍はどうするんだろう。アメリカはどうする。
心配はつきないけど。

わが教え子、金正日に告ぐ―脱北エリート教授が暴く北朝鮮
わが教え子、金正日に告ぐ―脱北エリート教授が暴く北朝鮮金 賢植

新潮社 2008-10
売り上げランキング : 820327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
収容所に生まれた僕は愛を知らない 北朝鮮 隠された強制収容所 北朝鮮に嫁いで四十年 ある脱北日本人妻の手記 脱北、逃避行 わたしの娘を100ウォンで売ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13階段

高野 和明著『13階段』読了
ジェノサイドに続いて著者の本を読む。
前の作品だが、江戸川乱歩賞になっている作品。
犯罪加害者、死刑囚がモチーフになっている。
主人公は正当防衛に近い形で相手を殺してしまった男。服役して出所したところ、ある仕事を頼まれる。死刑囚のえん罪を晴らしてほしいとのことで、昔の殺人事件を調べることに。
そこに昔の犯罪が結びついていることがわかってくる。

なかなか全体像がつかめなくて、いろいろ伏線がしかれていて、それが読んでいくうちにつながっていくのだが、ややスムーズさがない。うまくつながっているし、主人公の最初の殺人も実は正当防衛ではなく、明確な意志をもった殺人だったりするなど、なかなかテーマが盛りだくさんな内容だ。ちょっとうまくまとめすぎた感があるが、一気に読めるので面白いことは面白い。
死刑問題に一石を投じることにもなる作品。

13階段 (講談社文庫)
13階段 (講談社文庫)高野 和明

講談社 2004-08-10
売り上げランキング : 4874

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
グレイヴディッガー (講談社文庫) 幽霊人命救助隊 (文春文庫) 天使のナイフ (講談社文庫) 6時間後に君は死ぬ (講談社文庫) 火の粉 (幻冬舎文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に自民党でいいのか。

衆議院選挙は終盤である。
多くのマスコミは自民党圧勝との予想。さすがに今回は民主党の敵失に乗じて政権奪還だろう。
でも、本当にこれでいいのか。このまま自民党が圧勝して、夏の参議院でも勝っちゃったらどうなるか。
憲法改正しちゃうかもしれない。第九条はなくなっちゃう。
国防軍になっちゃう。へたしたら徴兵制のなっちゃうかもしれないんだよ。若者たち。
国防軍になったら、中国も黙っていないよ。正式に尖閣諸島を奪還に来るかもしれない。そのとき、日米安保条約に基づいて、米軍も戦うかもしれないけど、正規軍を日本がもつなら、日本が戦うことになるんだよ。局地戦をやるんだよ。
それだけじゃない。また、公共投資だよ。懲りずに100兆ぐらいやるかもしれない。また、国の借金は増えるんだよ。若者たち、しょっていけるかね。日本円が暴落するかもしれない。国債は紙切れになるかもしれない。
今まで、そんなことはないと思っていたけど、本当にそんなことが起きるかもしれないのだよ。なんとか自民党圧勝だけはさけなければならない。民主党だって悪いけどさ、悪かった人たちはいなくなっているんだから、今度は少しはましなことをやってくれるはず。昔に戻って公共投資で借金漬けは勘弁してよ。
あー、安倍総理か。
また、おなか痛くなってやめちゃうんじゃないだろうね。
ところで、自民党さん。宿題の答えはできた。
普天間はどうするの。尖閣諸島は。財政再建の道筋は。年金はどうなるの。TPPは。
どれもこれも回答してないじゃない。敵失だけで勝つなんておかしいだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シフォン・リボン・シフォン

近藤 史恵著『シフォン・リボン・シフォン』読了
ランジェリーショップをめぐる連作短編集。
母親を介護するやや胸の大きい娘、女装癖のある息子をもつ父親、ランジェリーショップの女主人、ランジェリーショップにくる痴呆気味の老婆などなど、現代を切り取って描いている。
地方都市のランジェリーショップなど単独では儲かるはずもないが、今や通販という武器がある。単価のある程度高いものであり、個性のある品揃えであれば通販でも大丈夫なのだろう。
最近は本も通販だからね。地方の本屋がどんどん無くなって行くのもわかる。
これでいいのかと思うけど、要は品揃えなんだよね。ふらっと来る客のニーズにどこまで応えることが出来るのか。安ければいいだけでもないし。
まあ、この本自体はそんなに固い話でもない。でも、地方の暮らしを良く書けていると思う。

シフォン・リボン・シフォン
シフォン・リボン・シフォン近藤 史恵

朝日新聞出版 2012-06-07
売り上げランキング : 58031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
はぶらし クローバー・レイン (一般書) エール! 1 (実業之日本社文庫) 空飛ぶ広報室 ホテル・ピーベリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイアー・フライ

高嶋 哲夫著『ファイアー・フライ』読了
たまたま手に取った本。意外に面白かった。
冒頭、誘拐場面から始まる。
誘拐された主人公は犯人たちから間違えて誘拐されたことがわかる。社長をねらったのが、たまたま社長宅に訪問していた研究所の主任だった。
間違えて誘拐しても、会社なので身代金は奪える。映画『天国と地獄』みたいなのだが、実際には早々に警察に連絡してしまい、金は奪えない。
実はこの身代わり誘拐も仕組まれていたことがわかり、主人公と誘拐犯の共闘が始まる。意外な人物が後ろで操っていたことがわかる。
なかなか展開もスピーディでおもしろかった。状況設定もなかなかのもの。最後に会社からお金を奪って、海外逃亡をしてしまうなんて、なかなかできない。
気になるのは表題。蛍を表す英語だが、直接関わっているわけでもなく、なぜ、著者がこの題にしたのかわからない。

ファイアー・フライ
ファイアー・フライ高嶋 哲夫

文藝春秋 2008-05
売り上げランキング : 45533

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
冥府の使者―Pluton Jack (祥伝社文庫) メルトダウン (講談社文庫) 東京大洪水 (集英社文庫) 命の遺伝子 (講談社文庫) イントゥルーダー (文春文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シティ・マラソンズ

三浦 しをん 近藤 史恵 あさの あつこ著『シティ・マラソンズ』読了
三人がニューヨーク、東京、パリのマラソンを盛り込んだ短編集を集めたもの。
東京マラソンも市民が参加する形にして、けっこう盛り上がっているが、やっぱり競技の側面が大きいことがわかった。ニューヨークシティマラソンは最後のランナーまで続けられるということで、途中でアウトということがないということが書かれていた。大会を実施する側とすれば、どこかで撤収をしないといけないので当たり前といえば当たり前だが、参加者のことを思えば、走りたくてゴールしたい意志をもっている人には最大限の配慮をするというのは国民性かもしれない。あと、道ばたで市民がお菓子やバナナなどをサポートするなど、こういうものだということであればそれもありなのかもしれない。すごいことだ。
さすがに長距離など走ることは出来なくなってしまったが、結構知り合いなどは走ることにがんばっている人もいるので、応援はしたいと思う。

シティ・マラソンズ
シティ・マラソンズ三浦 しをん 近藤 史恵 あさの あつこ

文藝春秋 2010-10
売り上げランキング : 129060

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
世界中のどんな言葉よりも、あなたの一歩が勇気をくれた 木暮荘物語 チーム (実業之日本社文庫) Sports Graphic Number Do Autumn 2012 秋のランニング特集 忙しい人ほどよく走る! (Number PLUS) 強奪 箱根駅伝 (新潮文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さまよえる脳髄

逢坂 剛著『さまよえる脳髄』読了
このひとの本を他の人のおすすめに従って読んでみたが・・・。
なんせ古いんだよね。それは私が読んだ時期が悪いだけ。当時読んでいれば結構面白かったかもしれない。
昔、右脳左脳のブームがあったけど、それに関連して出した小説なのかな。脳はそれぞれの機能で左右別々に動いているものがあって、それを脳幹で調節しているらしい。その調節がうまくいかないと二重人格の様になってしまったりするとか。昔、神経の病気の外科手術で脳幹を切断する手術が行われて、それによっててんかんの発作が抑えられるとかあったらしいが、そっちは良くなるのだけど、副作用もあったらしい。そのあたりをモチーフにして連続殺人なんかを付け加えて小説にしている。
面白いと言えば面白いのだけど、やっぱり時代背景があるね。今更って感じになっちゃっている。

さまよえる脳髄 (集英社文庫)
さまよえる脳髄 (集英社文庫)逢坂 剛

集英社 2003-09-19
売り上げランキング : 210253

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
砕かれた鍵 (百舌シリーズ) (集英社文庫) のすりの巣 (百舌シリーズ) (集英社文庫) 百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫) よみがえる百舌 (百舌シリーズ) (集英社文庫) 幻の翼 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェノサイド

高野 和明著『ジェノサイド』読了
このミス一位(2011)
たしかにその評価だと思った。
主人公は大学院に通う学生。薬学の創薬を専攻しているが、父親を急な病で亡くす。その父親からメールが届く。もし、不測の事態が起きた場合には代理でメールを送る様にしていた。(うーん、設定がすごい。リアルすぎる。)
かたや、アフリカ奥地で現地のピグミー族の集団を殺害するような命令を帯びた民間軍事集団が奥地に進む。
父からのメールには、書斎にある昔読んだ本を見る様に指示が書かれている。メールでは盗み見される恐れがあるので、詳しいことは物理的な手段で渡す。(これもリアルだ。)その指示には、とある場所に言って、与えられたパソコンと実験器具を使ってとある治療薬を作れと。それがどのようにつながって行くのか。
アマゾンの奥地では、驚きの新人類が生まれていた。そして、その姉が日本につれられて生活している。なんて展開なんだろう。
それらが結びついて、大団円となる。(かなり途中をはしょってしまったけど。)
ここに書かれた科学技術周りはかなり綿密な取材を行って、正確な記述をしていると思う。30年前に大学で有機化学をかじった自分としては、そう簡単に化学反応をコントロールできるとは思わないが、うまくやれば目的の物質を作り分離できる技術の集積はかなり出来ているのだろう。最近は創薬の大部分はコンピューターで行うんだね。闇雲に化合物を作って、対象実験を行うわけではないんだ。
いやー、これだけの小説を破綻無くまとめ切れていることに脱帽した。
次の作も期待した。

ジェノサイド
ジェノサイド高野 和明

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-30
売り上げランキング : 1239

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
13階段 (講談社文庫) 幽霊人命救助隊 (文春文庫) グレイヴディッガー (講談社文庫) 舟を編む 6時間後に君は死ぬ (講談社文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »