« 本当に自民党でいいのか。 | トップページ | わが教え子、金正日に告ぐ―脱北エリート教授が暴く北朝鮮 »

13階段

高野 和明著『13階段』読了
ジェノサイドに続いて著者の本を読む。
前の作品だが、江戸川乱歩賞になっている作品。
犯罪加害者、死刑囚がモチーフになっている。
主人公は正当防衛に近い形で相手を殺してしまった男。服役して出所したところ、ある仕事を頼まれる。死刑囚のえん罪を晴らしてほしいとのことで、昔の殺人事件を調べることに。
そこに昔の犯罪が結びついていることがわかってくる。

なかなか全体像がつかめなくて、いろいろ伏線がしかれていて、それが読んでいくうちにつながっていくのだが、ややスムーズさがない。うまくつながっているし、主人公の最初の殺人も実は正当防衛ではなく、明確な意志をもった殺人だったりするなど、なかなかテーマが盛りだくさんな内容だ。ちょっとうまくまとめすぎた感があるが、一気に読めるので面白いことは面白い。
死刑問題に一石を投じることにもなる作品。

13階段 (講談社文庫)
13階段 (講談社文庫)高野 和明

講談社 2004-08-10
売り上げランキング : 4874

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
グレイヴディッガー (講談社文庫) 幽霊人命救助隊 (文春文庫) 天使のナイフ (講談社文庫) 6時間後に君は死ぬ (講談社文庫) 火の粉 (幻冬舎文庫)

|

« 本当に自民党でいいのか。 | トップページ | わが教え子、金正日に告ぐ―脱北エリート教授が暴く北朝鮮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/56322780

この記事へのトラックバック一覧です: 13階段:

« 本当に自民党でいいのか。 | トップページ | わが教え子、金正日に告ぐ―脱北エリート教授が暴く北朝鮮 »