« 赤目小僧いや小僧ではない 結膜下出血 | トップページ | 玩具店の英雄 座間味くんの推理 »

ブレイズメス1990

海堂 尊著『ブレイズメス1990』読了
世界的な心臓外科医をモンテカルロからつれてきて、心臓外科専門の病院を作る話。現実に話に近いのかな。
手術なんか本当に医者の技術がまさしく出るもの。自分は手術なんてそれほどしたとはないのだけれど、よく行く歯医者なんかはここまで出来るねって感心してしまうくらい手際がいい。技量なんだとおもうけどすごい技だわ。
心臓手術なんか、まさにその技の集大成なんだろう。デジタルに慣れてくるとすぐ拡大をしてしまうけど、現実の人の体では拡大して縫うなんてできないからな。0.5ミリ単位で血管をつないで行って、最終的に血液をちゃんと通して、漏れない様にするなんてすごいことだよ。
あと、この中に出てくる医療とお金の話。現実にはそうなんだよ。それを表立っては言わなかった。同じ手術を必要としている金持ちと貧乏人がいて、手術にさける人は限られている場合にどちらを優先してやるか。難しい判断だね。くじ引きとかでもいいかもしれないし、より確実にできる方でもいいかもしれない。お金で判断しても仕方がないところもあるよ。
まあ、医者も人間だから、そうきっちり動けないし。夜寝なきゃあちゃんとした手術だって出来ない。そういう人は夜勤なんてやっている場合ではない。分業なんだろうね。
いかに効率を上げるかも大きな命題なんだわ。
なかなか考えさせられる内容だった。
ただ、この小説が訴えたかったことはなんだったんだろう。壮大な序章なんだろうか。

ブレイズメス1990
ブレイズメス1990海堂 尊

講談社 2010-07-16
売り上げランキング : 183344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アリアドネの弾丸(上) (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) アリアドネの弾丸(下) (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 新装版 ブラックペアン1988 (講談社文庫) 極北クレイマー 上 (朝日文庫) 極北クレイマー 下 (朝日文庫)

|

« 赤目小僧いや小僧ではない 結膜下出血 | トップページ | 玩具店の英雄 座間味くんの推理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/55806081

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイズメス1990:

» 糖尿病、血糖値の高いのが命取りになります、脳血管が切れます。 [菊芋屋]
糖尿病をほっていたら大変なことになります。 わたくしの母も1年前クスリを飲んでいなかったので心筋梗塞で倒れました。救急車で病院に運びましたが、だめでした。 [続きを読む]

受信: 2012/10/26 08:21

« 赤目小僧いや小僧ではない 結膜下出血 | トップページ | 玩具店の英雄 座間味くんの推理 »