« 羅針 | トップページ | ラジカセ購入 »

怪物はささやく

パトリック ネス著『怪物はささやく』読了
どこかの書評ででていたので、図書館で借りた。この本、夏休みの読書感想文の本だった。中学生向け。
ちょっと中学生には難しいのではないかと思うけど。
主人公はイギリスに住む13歳の男の子。両親は離婚し、母親と住んでいる。母親は重い病気(たぶん癌とか)の闘病中。副作用と闘っている。そのことが学校でみんなが知ってしまい、腫れ物を扱う様になる。そのうちにいじめも起きる。(どこでもある話か。日本だけではなかったのね。いじめって)

そんなある日、夢の中で怪物に出会う。イチイの木の怪物だ。少年に3つの物語を話す。そのあと、4つめの話は少年が怪物に話すだろうと語る。
怪物が話す話は、単なる勧善懲悪でもなく、悪者がどちらかわからない話になっている。そこから、怪物は少年に真実を語れと。
母親の病気はどんどん悪くなる。期待した薬はきかなくなり、もはや手のうちようもなくなる。母親との別れの時、少年は真実を話す。
なかなか難しい主題だ。思春期の少年にかわいそうなくらいの境遇。少年にとっての真実を語るとはなんなのか。難しい。2回読んだけど、主題はなんとなくしかわからなかった。
この本で感想文書くのは難しいだろうね。まあ、いろいろな解釈は出来るから、じぶんの思ったなりに書けばいいのだとすれば、書けるかもしれないが。
イラストも印象的だ。原書はヤングアダルト向けらしいので、原書で読んでもいけるかもしれない。

怪物はささやく
怪物はささやくパトリック ネス ジム ケイ

あすなろ書房 2011-11-07
売り上げランキング : 22936

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
A Monster Calls: Inspired by an idea from Siobhan Dowd 地をはう風のように (福音館創作童話シリーズ) かかし 走れ! マスワラ わたしのひかり (児童図書館・絵本の部屋)

|

« 羅針 | トップページ | ラジカセ購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/55574499

この記事へのトラックバック一覧です: 怪物はささやく:

« 羅針 | トップページ | ラジカセ購入 »