« ココロ・ファインダ | トップページ | 100円のコーラを1000円で売る方法 »

たまさか人形堂物語

津原 泰水著『たまさか人形堂物語』読了
ミステリーの要素もある連作短編集。
祖父の生前贈与でもらった人形店をなんとか切り回す30代女性を主人公に、その店員で修理職人と人形制作者が謎を解く話。人が殺される話も出てくるが、あまり凄惨なこともなく、どちらかというと下町の人形修理の小さいお店の日常生活を描いている小説と言った方が正しいか。
最後にほろりとさせられるところがいい読後感をよんでいる。
読んで損のない小説だ。

たまさか人形堂物語
たまさか人形堂物語津原 泰水

文藝春秋 2009-01
売り上げランキング : 374141

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
蘆屋家の崩壊 (ちくま文庫) ピカルディの薔薇 (ちくま文庫) 綺譚集 (創元推理文庫) 琉璃玉の耳輪 バレエ・メカニック (ハヤカワ文庫JA)

|

« ココロ・ファインダ | トップページ | 100円のコーラを1000円で売る方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/55457602

この記事へのトラックバック一覧です: たまさか人形堂物語:

« ココロ・ファインダ | トップページ | 100円のコーラを1000円で売る方法 »