« ヘルたん | トップページ | 中国嫁日記 一 »

モルフェウスの領域

海堂 尊著『モルフェウスの領域』読了
人工冬眠装置が実用化され、5年間という期限を区切ってコールドスリープする少年とその管理をする女性などの小説。
少年は不治の病をもっており、5年間コールドスリープする間に医学が進歩して治療法が見つかり、治療が可能となることに期待を賭けて、冬眠に入る。その後、両親は離婚し、両方とも親権を拒否するなど重い話もあり、コールドスリープ中に様々な教育コンテンツを流したことにより睡眠学習で知識を取り込むなど夢のような話もちりばめている。
途中の役所とかの話はよくわからなかったが、最終的に新薬が認可され、治療の道が見えてくる。そして、新たにコールドスリープに入る人が表れて・・・。
技術的にはまだまだだろうけど、実際にこういったコールドスリープが出来るようになったとして、やる人はいるのだろうか。宇宙旅行など必要にかられるには別として、今の世の中から、未来を見るためにコールドスリープに入るのは目的がなければ仕方がない。今回のような病気で治療法が見つかっているかもしれない未来までそのまま眠るのもいいけど、起きたときには別の世界だからね。浦島太郎の話が本当に起きるわけだ。知り合いがいない全く違う世界にぽっとだされてもねぇ。

著者のシリーズ物の1冊としてはちょっと異色なのかもしれない。

モルフェウスの領域
モルフェウスの領域海堂 尊

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-12-16
売り上げランキング : 47922

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ブレイズメス1990 (講談社文庫) 極北ラプソディ アリアドネの弾丸 マドンナ・ヴェルデ ナニワ・モンスター

|

« ヘルたん | トップページ | 中国嫁日記 一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/54858652

この記事へのトラックバック一覧です: モルフェウスの領域:

« ヘルたん | トップページ | 中国嫁日記 一 »