« 六つの手掛り | トップページ | メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 »

サウンド・オブ・サイレンス

五十嵐 貴久著『サウンド・オブ・サイレンス』読了
何となく手に取った本。
主人公は普通の女子高校生。高校に入って最初の友達が聴覚障害者だった。しかし、当人は友人たちには聴覚障害を隠して普通高校に入学したのだった。その友人が知り合いと聴覚障害者だけのダンスユニットを作り、ダンスコンテストに出場することに。
一般のダンスコンテストに出場して、入賞を目指す。
青春だね。こういう人たちもいるのだと知った。なかなか厳しいね。
こういったことを取り上げて小説にした著者に拍手を送りたい。

サウンド・オブ・サイレンス
サウンド・オブ・サイレンス五十嵐 貴久

文藝春秋 2011-10
売り上げランキング : 125264

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ウエディング・ベル 銀色の絆 ぼくたちのアリウープ ドルチェ YOU!

|

« 六つの手掛り | トップページ | メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/54727395

この記事へのトラックバック一覧です: サウンド・オブ・サイレンス:

« 六つの手掛り | トップページ | メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 »