« 2012/05/18〜21 上海旅行記  一日目 その二 | トップページ | 2012/05/18〜21 上海旅行記  二日目 その二 »

2012/05/18〜21 上海旅行記  二日目 その一

すでに1週間経過して、記憶が不確かになってきた。

二日目は無錫・蘇州などに行くということで、出発が現地時間の7:30、なのでガイドさんがモーニングコールが6:00になる設定をしてくれた。こちらも携帯電話の目覚ましをかけたが、すっかりミスってしまった。現地時間6時を日本時間5時と勘違いして、アラームを掛けてしまい、アラームが鳴ったときには午前4時だった。二度寝するもちょっと調子が狂ってしまった。
朝食はホテルのバイキングに行く。バイキングは6:30から。まあ、ふつうのホテルのバイキングだった。パンもそこそこ、おかゆなどもある。オムレツや卵焼きをつくってくれる人がいたが、なんと言って頼めばいいかわからず、パス。目玉焼きは作り置きがあったので、それはチョイス。
いつものホテルの朝食のように食べ過ぎてしまった。
ホテルを出るときには雨が降っていた。天気予報は大当たり。折りたたみの傘をもって出発。一路無錫に。約2時間半。途中サービスエリアみたいなところでトイレ休憩。ここはきれいだった。
売店もあった。缶ビールが5元だった。冷えていなさそうだったので、パスしたが、ガイドさんが冷えたやつを買ってきてくれて、バスの中で販売。1缶10元。おお、ここでも手数料か。まあ、しゃべれないから仕方がない。私は買わなかったが、8名の団体さんは買っていた。
そこからさらに小一時間バスで高速を走って、三国城に。三国志のテーマパークらしい。
太湖に面しているらしく、中で船に乗って湖を一周する。ちょうど土曜日で中国の方々も団体で観光していて、この船もいっしょだった。しかし、マナーとかは全くない。かみさんがタバコをすうのが気になるらしく、二人ほどに注意をしていた。日本語だけどね。通じていたのだろうか。まともに通じたら、刺されるのではないかと、ひやひやした。
ここでの写真。
Imgp0368


孫権の館の前での写真
Imgp0369


ここから、真珠研究所に行く。淡水真珠で有名だとのこと。ここで現地ガイドが同行する。淡水真珠はカラスガイが自然に作り出すものらしく、粒の大きなものはなかなかないらしい。あと、真珠を使ったクリームが有名とかで、観光客はみんな買って行くとしきりにバスの中で宣伝。
研究所について、いきなり別室でカラスガイをむいて、真珠を取り出してデモ販売開始。クリームが8個で一万円のところ、今日は特別に10個にしてあげるとガイドさんもいっしょになって割安感を演出。しかし、あとで店内にあった同じ袋をみたら、みんな10個入っているじゃん。それなら、10個1万円と言ったときに値切れば良かった。
店内を見て回るが、販売員がずっとついて回ってうざい。かみさんは買わないと思っていたが、いつのまにか別のコーナーについて行ってしまって、なんか買う気満々。仕方がないと思いつつも、値切らないとと、電卓片手に交渉開始。1割ほど下げてみたが、少し悩んだふりして結局OKになった。なんだ、それなら半額から交渉すれば良かった。
みんな結構買っていたのではないかな。クリームは8セットは売れていた。なかなか商売上手だわ。
このあとやっと食事となる。
スペアリブの蘇州料理ということだったが、チャーハンとチンゲンサイの油炒めは必ず出るのか。スペアリブのちょっと固かった。

|

« 2012/05/18〜21 上海旅行記  一日目 その二 | トップページ | 2012/05/18〜21 上海旅行記  二日目 その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/54812890

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/05/18〜21 上海旅行記  二日目 その一:

« 2012/05/18〜21 上海旅行記  一日目 その二 | トップページ | 2012/05/18〜21 上海旅行記  二日目 その二 »