« 2012/05/18〜21 上海旅行記  二日目 その一 | トップページ | 2012/05/18〜21 上海旅行記  三日目 その一 »

2012/05/18〜21 上海旅行記  二日目 その二

食事の後で、バス移動。
獅子琳、寒山寺を見て回る。
途中の運河のほとりの様子。
Imgp0371

寒山寺の看板の前、そして庭園内。

Imgp0372

Imgp0375

庭園は日本と違い、築山が独特。岩というか、山というか。
寒山寺では館長室に案内してくれる。中国の三筆だとかで、寄付をすれば掛け軸を譲ってくれるとのガイドさんの案内に、一緒のツアーのおじさんが買っていた。一万円だったかな。どれだけすごいのかさっぱりわからない。鳩山元首相とかがきた際の写真が飾ってあったりした。
その後、刺繍研究所に。
なんでも今、世界遺産に申請中で、今後簡単には入れなくなるとのこと。本当かどうかはわからない。ガイドさん自身も話半分とか言っていたので。
刺繍だけど、そこらにある刺繍とは数段違う。表と裏で色の違う刺繍とか、表は虎で裏は獅子というのもあった。たしか数百万円の値札がついていた。世界遺産に登録されたら、この数倍になっちゃうからお買い得だと。さすがに、この激安のパック旅行できていて、数百万の買い物が出来るわけがない。進行方向に進んで行くと、だんだんお土産物コーナーっぽくなっていて、お土産価格になっていく。さすがに数百万は買えないけど、このくらいならと金銭感覚がマヒしてくる。そもそも刺繍の置物なんて飾るところもない。ということで、ここはパス。
次はシルクのお店。布団屋さん。2匹の蚕を入れた繭は2本の糸が絡み合っているので、引き延ばすとそれで綿のようになるということで、それで作った布団を販売していた。たしか3万ぐらいしたような。真空パックにしてくれるので、もって帰ることが出来ると。
さすがに、布団はいらないので、パスパス。
その後、オプションの古運河散策ツアーに行く。その風景はこんな感じ。

Imgp0376

Imgp0377

Imgp0378

お面は看板かな。
なんか、古い日本を感じさせる。昔は運河での海上交通が人々の足代わりだったが、だんだん船ではなくなって、最近は観光だけになってしまったようだ。しかし、この汚い水で洗濯しているおじさんもいた。船の中では船頭さんが写真集を販売してくれる。してくれなくてもいいのだが。お土産価格(20元)だったので、買ってしまった。
船着き場で降りて、バスまで歩くのだが、本当に中国の田舎のお店の通りを歩く。電動バイクが音もなく近づき、急にクラクションを鳴らすのは心臓に悪い。雨だったのもあり、ひどく汚い。ごみは道路にそのままだし、何を売っているのかよくわからない。後ちょっとでバスの所につくという、橋の下を通るところがものすごく臭かった。強烈な匂いに圧倒されて、バスに乗る。
これで蘇州観光は終了で、上海にもどる。高速をひたすら東に。
途中で一度トイレ休憩をした後に、上海市内で四川料理店で食事。どこらへんが四川料理なのかちょっとわからなかったが、辛いスープがそうなのか。
食事を終えると、オプションツアーの黄浦江ナイトクルーズに。最初、これはやめておこうと思ったのだけど、ガイドさんが進めるから、行くことに。しかし、雨の日はやめた方がいいというのが感想。
晴れているなら、船の屋上で景色もいいのだろうけど、雨じゃ1階にいるしかない。2階は特別料金だとか。ちょっと失敗。中国人のうるささにも平行。夜景も見ずに、トランプゲームに興じているし。うるさいったら仕方がない。
この日もH氏と待ち合わせして、どこかに行こうと思ったのだが、雨と週末ということもあり、タクシーが捕まらない状況に。疲れていたこともあり、H氏にはごめんなさいをして、ホテルに戻る。
ホテルの一階の売店で缶ビールを買って、部屋に。缶ビールは1本10元。まあまあかな。
これで二日目は終了。

|

« 2012/05/18〜21 上海旅行記  二日目 その一 | トップページ | 2012/05/18〜21 上海旅行記  三日目 その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/54822713

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/05/18〜21 上海旅行記  二日目 その二:

« 2012/05/18〜21 上海旅行記  二日目 その一 | トップページ | 2012/05/18〜21 上海旅行記  三日目 その一 »